Q14「プレゼン準備はまずスライド作成から?」

A.スライド作成から取りかかってはいけない。目的と内容を決めることが先。


何から準備すれば良いのか

初めてプレゼンをすることになった人が、まず悩んでしまうのが「何から準備すれば良いのか」ということです。プレゼン研修の最初に受講生の皆さんに聞きますと、大抵の場合、内容を大まかに考えたら、すぐスライド作りに取り掛かってしまう、というパターンが多いようです。しかし目的や内容がしっかり固まっていないのに、スライドなどの資料作成を始めると、試行錯誤や行き詰まりで、結局、時間がかかるばかりです。

「目的」と「内容」を決めることが先!

まずは「目的」を明確にしましょう。プレゼンの目的は聞き手にして欲しいことをしてもらうこと、つまり「誰に、何を、どうして欲しいか」です。商談なら「取引先に、商品を、購入してもらう」、企画会議なら「部長に、企画を、承認してもらう」です。ここがはっきりしていないと「何を言いたいのかわからない」と言われてしまいます。次に「内容」です。どうすれば聞き手はこちらがして欲しいことをしてくれるか、という視点で考えましょう。

目的と内容が固まったところで「資料作成」

目的と内容が固まったところで、いよいよスライド作成です。スライドの役割は、話をより分かりやすくするための資料です。例えば、売上予測について話す場合、数字の表ではなく棒グラフで表現するなど、言いたいことが一目で分かるものを作りましょう。

 


‚®‚é‚Á‚ƃvƒŒƒ[ƒ“ƒJƒo[C³伝わるプレゼンをしたいなら、この一冊!

「ぐるっと!プレゼン」(西原猛著/すばる舎刊)

お買い求めはこちらへ【すばる舎】【Amazon

「きちんとプレゼンの基礎を身につけたい人」向けに、プレゼンの目的設定から、話の組み立て方、スライドデザイン、話し方、さらに「笑いを取りにいってスベった」などのトラブル対処方法まで、ぐるっと一通りプレゼンについて学べる1冊。

【目次】
第1章 プレゼンは最初が肝心。『はじめの3分』で求められること
第2章 まずは知っておきたい! そもそも、「プレゼン」とは?
第3章 口ベタでもOK! 相手の心をつかむ「話し方」のひと工夫
第4章 好感を持たれる! 自然に引き込む! カンタン「演出」
第5章 5通りの「組み立て方」で驚くほどわかりやすくなる!
第6章 やっぱり大事! 「スライド」「配布資料」の作り方
第7章 成功のキモとなる「準備」と「練習」
第8章 あわや大惨事!? トラブルを大きくしない対処法