Q33「滑舌を良くするには?」

A 毎日1分間、滑舌が良くなる「いうあう体操」をしましょう。


「いうあう体操」とは?

元俳優が滑舌を良くするボイストレーニングを伝授しましょう。その名も「いうあう体操」。お風呂に入っている時や寝る前に毎日たった1分間で滑舌が良くなりますよ!

「いうあう体操」のやり方

1.「い」と「う」を交互に30秒間言い続ける。声を出しても、出さなくても良い。

2.「あ」と「う」を交互に30秒間言い続ける。声を出しても、出さなくても良い。

3.おしまい

ポイントは「口を大きく開けること」です。「い」の口は大きく横に開き、「あ」の口は指が縦に4本入るくらい大きく開くことを意識してください。滑舌を良くするには、まず口を大きく開けることですよ。

→「プレゼンQ&A一覧」に戻る


「もっとプレゼンがうまくなりたい!」と思ったら……

定員8名の少人数制、1人でも開催(大阪会場のみ)の、学びたいときにしっかり学べるプレゼン講座

■結果を出す人のプレゼン技術講座【ベーシック】
■結果を出す人のプレゼン技術講座【テクニック】
■結果を出す人のプレゼン技術講座【伝わる話し方&緊張対策】
■結果を出す人のプレゼン技術講座【スライド作成】
■結果を出す人のプレゼン技術講座【説明の技術】


ぐるっと!プレゼン

プレゼンの基本から学ぶならこの一冊!

「ぐるっと!プレゼン」(西原猛著/すばる舎刊)1,400円+税

お買い求めはこちらへ【すばる舎】【Amazon

「きちんとプレゼンの基礎を身につけたい人」向けに、プレゼンの目的設定から、話の組み立て方、スライドデザイン、話し方、さらに「笑いを取りにいってスベった」などのトラブル対処方法まで、ぐるっと一通りプレゼンについて学べる1冊。

【目次】
第1章 プレゼンは最初が肝心。『はじめの3分』で求められること
第2章 まずは知っておきたい! そもそも、「プレゼン」とは?
第3章 口ベタでもOK! 相手の心をつかむ「話し方」のひと工夫
第4章 好感を持たれる! 自然に引き込む! カンタン「演出」
第5章 5通りの「組み立て方」で驚くほどわかりやすくなる!
第6章 やっぱり大事! 「スライド」「配布資料」の作り方
第7章 成功のキモとなる「準備」と「練習」
第8章 あわや大惨事!? トラブルを大きくしない対処法