【個別指導】建築・設計事務所 代表取締役様:パネリストとしての話し方トレーニング

JPEAパーソナルプレゼントレーニング 導入事例

シンポジウムのパネリストとして初登壇されることになった建築・設計事務所/代表取締役様に、代表理事の西原と理事の飛澤が、パネリストとして主催者側に求められることのアドバイスや、大勢の前での話し方トレーニングを実施いたしました。 Read More

新入社員ビジネススキル研修

今年も新入社員や新人が入社してくる季節になりました。彼らには会社の新戦力としての期待が高まります。

……とはいえ、習うより慣れろ!と現場に放り込んでも、そもそも社会人としての心構えや仕事の取り組み方、ビジネススキルがないので、数ヶ月でやる気をなくしてしまいます。

そこで新入社員や新人が、組織の一員として働くために絶対に必要な「ビジネスマインド」と「ビジネススキル」について、全国各地、様々な業種・業界の上場企業や外資系企業などで15年以上、教育研修に携わるビジネススキル教育のプロが、豊富な実例と演習を中心に、社会人としての心構えと知識、スキルを教えます。 Read More

平成29年度全国プレゼンテーションコンクール in 羽生

羽生市

埼玉県羽生市は今年度、昨年まで行ってきた「羽生市小・中学校プレゼンテーションコンクール」の規模を広げ、「全国プレゼンテーションコンクールin羽生」として平成30年1月21日(日)に開催した。

全国の児童生徒が、切磋琢磨をしながら多様な表現方法を活用してプレゼンテーションを行うことで、全国水準のプレゼンテーション能力の育成を図ることを目的に実施。

プレゼンのパイオニアと言われる、同市出身の実業家・清水卯三郎氏の顕彰も兼ねている。

 

出典:羽生市役所


※当協会は、本ウェブサイトからリンクしている外部サイト(以下「リンクサイト」という)の内容およびその使用に関連して発生した、いかなる損害 に対しても責任を負いません。本ウェブサイトからリンクしていることが、当該リンクサイトの商品やサービスを保証するものでも、リンクサイトにある情報が当協会によって保証されたものでもありません。また、リンクサイト側で会員登録やメールマガジン登録をおこなわれた場合、登録された個人情報やメールアド レスの管理は該当リンクサイト側となるため、該当リンクサイトにお問合わせください。

結果を出す人のプレゼン技術講座【中級】

自己流を見直し、より伝わるプレゼンに

プレゼンの数はこなしてきたものの、上手く行く時と上手く行かない時の違いがよく分からない……という悩みを持った方が結構います。いったい何が原因なのでしょうか。

結果を出す人のプレゼン技術講座【中級】は、自己流や見よう見まねで実施してきたプレゼンのやり方を1から見直すための講座です。内容の考え方からスライドデザイン、話し方まで、10,000人以上を指導してきたプレゼンのプロがアドバイスします。

さらにプレゼン能力を客観的に証明できる「プレゼンテーション技能検定 準2級」の資格が取得でき、ワンランク上のプレゼンができるようになる実践型講座です。

■次のような方を対象とした講座です

プレゼン実施回数が5回以上の方、または初級を修了した方
・自己流、見よう見まねのプレゼンを見直したい方
・回数はこなしてきたが、一度、やり方を見直したい方

※「プレゼンテーション技能検定」は、一般社団法人日本プレゼンテーション教育協会が実施する資格認定試験です。→プレゼンテーション技能検定とは?


開催日程の確認と予約はこちらから

RESERVA予約システムから予約する


■本講座の特徴

・講座受講と認定試験合格で「プレゼンテーション技能検定 準2級」取得可能
・1クラス5名までの少人数制 しっかり学べる!
学び直しに最適。後輩や部下指導に役立ちます。

■受講生の声

・自分が聞く立場でなぜ話が入ってくる人とそうでない人がいるのか、その原因・理由がわかった。聞き手の立場に立ったプレゼンを心がけるようにしたい。(物流 M.T様)

・短文(1センテンス)ごとに視線を移すことの重要性を学びました。(精密機器 H.E様)

・自分の課題に対して、問題がどこにあったのか気づき、改善するための技術を学ぶことができた。参加者の理解度がつかめない→視線を配る、問いかける、話し始めると自分でも何を言っているのかわからなくなる→短い文で話す など(医薬 A.M様)

・スライドを使用、作成するときに話をしていることを想像して作らないと意味がないと実感しました。何よりプレゼンは奥が深いですね!(メーカー H.M様)

■プログラム

1.「内容の考え方」を見直す

・今回の聞き手を動かすために必要なことは何か?
・なぜ「ポイントは3つ」なのか?
【演習】プレゼンストーリーを考える

2.「スライドデザイン」を見直す

・こんなスライドは伝わらない
・3秒ルールを厳守せよ
・1 Slide 1 Message
【演習】絵コンテを描く

3.「話し方」を見直す

・緩急・強調・間……変化をつけるなら大きく!
・アイコンタクトで一人一人に語りかける
【演習】「話し方」をレベルアップする

4.「伝え方」を見直す

・例える、比較する、言い換える
・人は自信がある人を信用する
【演習】「伝え方」をレベルアップする

5.「練習方法」を見直す

・結果が出ない人は練習方法を間違っている
・質疑応答対策
【演習】最初の30秒が勝負!

【認定試験】解答選択式(一部、記述式)

※プログラムは進行状況などにより変更する場合があります。

■よくある質問

Q.まだプレゼンを一回もしたことがないのですが、この【中級】から受けても良いでしょうか?

A.【中級】は5回以上プレゼン実施経験がある方向けの内容となっております。やはり何事も基本が肝心ですから、まずは【入門編】や【初級】の受講をおすすめします。

Q.もしも検定試験に落ちてしまったら、どうなるのでしょうか?

A.再受験できます。日程などについては別途ご相談ください。


■講座概要

時間:10:00 – 16:00、または、13:00-18:00
会場:東京(日本橋)、大阪(淀屋橋)
対象:プレゼンのテクニックを身に付けたい社会人、学生の方
定員:5名 ※大阪会場は1名より開催します。定員になり次第締切となります。
費用:26,000円(税別、教材費・検定料・認定料含む)
受講料お支払い方法:事前に銀行振込
備考:名刺、筆記用具、(お持ちであれば)プレゼン可能なノートパソコンやタブレット(OS不問)


※同業者のお申し込みはお断りする場合があります。
※自然災害発生時など運営上やむを得ない場合は、開催を取りやめる場合があります。あらかじめご了承ください。

結果を出す人のプレゼン技術講座【初級】

何事も基礎が大切です。

どんなに自社製品やサービス、企画提案などが良くても、伝わるプレゼンが出来なければビジネスで結果を出すことはできません。しかし……

「そもそもプレゼンのやり方を学んだことがない」
「人前で話すことが苦手で……」
「上司に代役を頼まれてしまった……」

このように、まだまだ苦手意識や悩みを持っている人が大勢います。けれどもプレゼンしなければならない機会は、特に年齢や役職が上がると、本当に突然やって来ます。ですから早いうちにプレゼンスキルを習得し、経験を積み、そして仕事や人生で最も重要なプレゼンの日に備えておかなければなりません。

そこで「内容構成」や「スライド作成」そして「正しい練習方法」まで、プレゼンの基礎が最短1日で身につき、さらにプレゼン能力を客観的に証明できる「プレゼンテーション技能検定3級」の資格まで取得できる、明日から仕事に役立つ講座です。 Read More

【セミナー】大阪商工会議所様:今すぐ上手くなりたい人のためのプレゼン速習講座

代表理事・西原が下記日程で登壇しました。


大阪商工会議所セミナー
今すぐ上手くなりたい人のためのプレゼン速習講座
【伝達力&説得力強化編】

どんなに優れた企画・提案も、
その特徴や魅力をしっかりと伝えることができなければ、
聞き手を動かす事は不可能です。 Read More

【基調講演】第1回中国(四川)高齢事業および養老サービス博覧会

協会専任アドバイザーの蜂須賀氏が下記講演会に登壇いたしました。


■講演タイトル

『日本における「在宅環境整備」の考え方 〜多職種の連携と専門性〜』

■講師蜂須賀 大策(はちすか だいさく)

蜂須賀大策
株式会社 プラスエス代表取締役
協会専任アドバイザー
認定プレゼンインストラクター

ひとりっ子政策の余波を受け、日本以上に急激なスピードで少子高齢社会を迎えることが予測される中国。日本の介護保険制度のような国策はなく、日本式介護のノウハウを Read More