9/27(火)【大阪】結果を出す人のプレゼン技術講座【ベーシック】

9月27日(火)10:00 – 17:00(大阪:淀屋橋)


「プレゼンのやり方を学んだことがない」
「人前で話すことが苦手」

こ のような悩みを抱えるビジネスパーソンがたくさんいます。……というのも、プレゼンのやり方を学校でも会社でも教えてくれなかったから無理もありません。 しかし、商談や会議などビジネスでのプレゼン機会はどんどん増えています。いつまでも苦手意識を持ったままでは、どんどんライバルに差をつけられてしまい ます。

そこで「内容構成」や「スライド作成」そして「発表技術」まで、誰も教えてくれなかったプレゼンの基礎が身につく1日講座です。

お申し込みはこちら Web

8/26(金)【大阪】結果を出す人のプレゼン技術講座【テクニック】

8月26日(金)10:00 – 17:00(大阪:淀屋橋)


「商品を買ってもらう」
「企画を承認してもらう」
「就職面接で採用してもらう」

このようにプレゼンで自分が望む結果を出すためには、商品や企画内容、そして自分自身が良いことは当然ですが、いくら内容が良くても「伝え方」が良くなければ、聞き手を動かすことはできません。プレゼンで伝えたいことを確実に伝えるためには、テクニックも絶対必要です。そのテクニックを知っているのと知らないのとでは、プレゼンの結果に明らかな違いが出ます。

そこで聞き手を引き込み、心を動かす「7つのプレゼンテクニック」を、演習中心で身につける1日集中講座です。テクニックはやり方をきちんと学び、練習すれば誰でも使えるようになります。プレゼンに自信がない方も、もっとプレゼン力をつけたい方にもオススメの講座です!

お申し込みはこちら Web

9/17(土)【東京】結果を出す人のプレゼン技術講座【テクニック】

※受付終了しました

9月17日(土)10:00 – 17:00(東京:五反田)


「商品を買ってもらう」
「企画を承認してもらう」
「就職面接で採用してもらう」

このようにプレゼンで自分が望む結果を出すためには、商品や企画内容、そして自分自身が良いことは当然ですが、いくら内容が良くても「伝え方」が良くなければ、聞き手を動かすことはできません。プレゼンで伝えたいことを確実に伝えるためには、テクニックも絶対必要です。そのテクニックを知っているのと知らないのとでは、プレゼンの結果に明らかな違いが出ます。

そこで聞き手を引き込み、心を動かす「7つのプレゼンテクニック」を、演習中心で身につける1日集中講座です。テクニックはやり方をきちんと学び、練習すれば誰でも使えるようになります。プレゼンに自信がない方も、もっとプレゼン力をつけたい方にもオススメの講座です!

【詳しくはこちら】

結果を出す人のプレゼン技術講座【スライド作成】

ng_slide_sすっきりわかりやすい
スライドを作るには?

「スライドがごちゃごちゃしてわかりにくい」
「書いてあることをただ読むだけになる」
「作るのに時間がかかりすぎる」

本講座では配付資料と投影スライドの『役割』が全く違うことを理解し、写真やグラフの使い方、文字の大きさ、見やすく説明しやすいレイアウトの方法、アニメの付け方など「プレゼンのためのスライド作成テクニック」を、豊富な実習を交えて明日から使えるように伝授します!

※本講座は半日コース(10:00-13:00 / 14:00-17:00)です。
※本講座はKeynote や PowerPoint などのプレゼンスライド作成経験1年以上の方を対象としています。
※スライドデータをノートパソコンやタブレット端末に入れてお持ちいただければ、より具体的にアドバイスをいたします。

Web お申し込みはこちら

 


■本講座の特徴

・1クラス8名までの少人数制 講義+演習で学びが多い!
大阪会場は1人から開催 学びのチャンスを逃さない!

■本講座で学べること、身につくこと

・「スライド」と「配布資料」の違いが理解できます
・シンプルでわかりやすいプレゼンのためのスライドが作成できます
・デザインの基本を身につけ、伝える技術が身につきます

■こんな方にオススメです!

・スライドが「何を言いたいのかわからない」と言われお悩みの方
・もっとわかりやすいスライドを作りたい方
・日頃から作成しているが、もっと効率良く作成したい方

■プログラム(14:00-17:00)

1.スライドと配布資料の違い

・プレゼンの目的とは何か?
・「スライド」と「配布資料」は役割が違う
・ダメなスライドは「見どころなし」

2.伝わるプレゼンのための「スライド作成の基本」

・いきなり作り始めるから時間が掛かる!
・文字、配色、レイアウトの鉄則
【演習】絵コンテを描く 1

3.伝わるプレゼンのための「スライドデザイン」

・視線の流れに沿ってレイアウトする
・文章よりも視覚に訴えよ
・伝わるスライドには「余白」がある
【演習】絵コンテを描く 2

4.伝わるプレゼンのための「魅せる技術」

・プレゼン本番で焦らないためのチェックポイント
・アニメ効果の効果的な使い方
【演習】絵コンテをチェックする


※プログラムは進行状況などにより変更する場合があります。

お申し込みはこちら

 

 


■講座概要

開催日:こちらにてご確認ください
時間:半日講座 14:00 – 17:00
会場:大阪、東京、名古屋、広島、福岡など
対象:プレゼンのためのスライドの作り方を学びたい社会人の方
定員:8名 ※大阪会場は1名より開催します。定員になり次第締切となります。
教材:テキスト、ワークブック等
料金:10,800円(税込) ※教材費含む
受講料お支払い方法:事前に銀行振込
備考:名刺、筆記用具

お申し込みはこちら

 

 


※同業者のお申し込みはお断りする場合があります。
※自然災害発生時など運営上やむを得ない場合は、開催を取りやめる場合があります。あらかじめご了承ください。

7/30(土)【東京】結果を出す人のプレゼン技術講座【ベーシック】

7月30日(土)10:00 – 17:00(東京:五反田セミナールーム)


「プレゼンのやり方を学んだことがない」
「人前で話すことが苦手」

こ のような悩みを抱えるビジネスパーソンがたくさんいます。……というのも、プレゼンのやり方を学校でも会社でも教えてくれなかったから無理もありません。 しかし、商談や会議などビジネスでのプレゼン機会はどんどん増えています。いつまでも苦手意識を持ったままでは、どんどんライバルに差をつけられてしまい ます。

そこで「内容構成」や「スライド作成」そして「発表技術」まで、誰も教えてくれなかったプレゼンの基礎が身につく1日講座です。

お申し込みはこちら Web

大阪中小企業投資育成(株):2016.6.14(火)-15(水)「プレゼン力」の極意(2日間)

投資育成セミナー「プレゼン力」の極意(2日間)

【開催日時】2016年6月14日(火)~15日(水)10:00 – 17:00
【対象】営業・技術・企画担当者向け

商談や説明、提案、解説など業種を問わず人前で資料を基に説明するプレゼンテーションの機会が必ずあります。しかし日本人の多くが、これまでに人前での話し方や話の構成など、プレゼンテーションに必要な訓練を受けていません。

本セミナーでは相手に伝えるための理論と技術を実習で身につけ、そして明日から仕事で使えるよう学んでいただきます。

参加案内申込書をダウンロード (約249KB)


詳細・お申し込みは……大阪中小企業投資育成株式会社

奈良・一条高の「よのなか科」 プレゼンで鍛える「生きる力」

プレゼンテーションやコミュニケーションに関するニュースをお届けします。

 

教育改革・現場からの報告
奈良・一条高の「よのなか科」 プレゼンで鍛える「生きる力」 /大阪

リンク元:毎日新聞 


※当協会は、本ウェブサイトからリンクしている外部サイト(以下「リンクサイト」という)の内容およびその使用に関連して発生した、いかなる損害に対しても責任を負いません。本ウェブサイトからリンクしていることが、当該リンクサイトの商品やサービスを保証するものでも、リンクサイトにある情報が当協会によって保証されたものでもありません。また、リンクサイト側で会員登録やメールマガジン登録をおこなわれた場合、登録された個人情報やメールアドレスの管理は該当リンクサイト側となるため、該当リンクサイトにお問合わせください。

Q22「わかりやすく話を組み立てるには?」

A 1.アイデアを出す 2.絞り込む 3.組み立てる

聞き手の「興味・関心・疑問」は何か

まず、テーマに対して聞き手の興味・関心・疑問は何か、という視点で、どんな内容を話せば良いかアイデアを出します。オススメは「アイデア連想マップ」です。A4用紙のど真ん中にテーマを書いて、その周りに聞き手が興味を持っていそうなことなどを、思いつく限りどんどん書き出してみましょう。

100の中から3つに絞り込む

マップ全体を眺めると、例えば製品の性能や他社製品との違いなどの「特徴」、開発の経緯やこだわりといった「想い」などのキーワードでグループ化できます。その中から最も聞き手が聞きたいであろうグループを3つに絞り込みます。せっかくのアイデアを話さないのはもったいない、と思いますが、3つ以上は聞き手が覚えにくくなりますので、話すことはくれぐれも3つ以内にしましょう。

話す順番を考えて組み立てる

内容を絞り込んだら、話す順番を考えます。「3つのポイントでお話しします」という「要点提示法」や、時間の流れにそって話を組み立てる「時間軸法」など、まずは基本の組み立て方に沿って考えると、あれこれ悩まずに済みますよ。


話の組み立て方など「もっとプレゼンを学びたい!」と思ったら……

日本プレゼンテーション教育協会 主催セミナー


ぐるっと!プレゼン

プレゼンを基本の「組み立て方」を学ぶならこの一冊!

「ぐるっと!プレゼン」(西原猛著/すばる舎刊)

お買い求めはこちらへ【すばる舎】【Amazon

「きちんとプレゼンの基礎を身につけたい人」向けに、プレゼンの目的設定から、話の組み立て方、スライドデザイン、話し方、さらに「笑いを取りにいってスベった」などのトラブル対処方法まで、ぐるっと一通りプレゼンについて学べる1冊。

【目次】
第1章 プレゼンは最初が肝心。『はじめの3分』で求められること
第2章 まずは知っておきたい! そもそも、「プレゼン」とは?
第3章 口ベタでもOK! 相手の心をつかむ「話し方」のひと工夫
第4章 好感を持たれる! 自然に引き込む! カンタン「演出」
第5章 5通りの「組み立て方」で驚くほどわかりやすくなる!
第6章 やっぱり大事! 「スライド」「配布資料」の作り方
第7章 成功のキモとなる「準備」と「練習」
第8章 あわや大惨事!? トラブルを大きくしない対処法

「コミュニケーションが苦手……からの脱出!」シリーズ

「初対面の人と何を話せばいいののか……」
 「日中は業務が忙しくて1日セミナーに参加できない」
「部下ができたが、うまく接していく方法を知りたい」

『コミュニケーションが苦手……からの脱出!』シリーズは、仕事や日常生活に絶対に必要な「6つの基本」を厳選。1回120分で1テーマ集中改善!
コミュニケーションが苦手…から脱出するための『カギ』を見つけよう!

【春だ!新年度だ!『苦手脱出』だ! 2,000円OFFキャンペーン実施中!】

【複数受講特典!】苦手脱出!セミナーシリーズの初回受講時に「スタンプカード」を差し上げます。1セミナー受講ごとにスタンプを1つ押印し、貯まった数に応じてギフトカードなどの特典を差し上げます(注)。


■『コミュニケーションが苦手……からの脱出!』シリーズラインナップ


Mission 1.「聞き下手」からの脱出編

仕事でも日常でも、こちらは一生懸命、相手の話を聞いているつもりなのに、なぜかどんどん相手の口数が減る、沈黙が増える、疲れた表情を見せるなど、会話がうまくいかないことがあります。それはもしかすると「聞き方」を間違っているからかも。そんな「聞き下手」から脱出するには……?

■対象
聞き下手で悩んでいる社会人、大学生

■主な内容
・あなたは相手の話をどうやって「きいて」いる?
・「否定」や「遮り」が、相手の話す気を無くす
・聞き方の基本「あいうえお」を身につけよう! ほかbutton07_moushikomi_03

 


Mission 2.「会話が続かない……」からの脱出編

「初対面の人と何を話していいのかわからない」
「話が途切れてしまった時の沈黙が怖い」
「そもそも何を話していいのかわからない」

コミュニケーションの基本は相手との言葉のキャッチボール。
相手とうまく会話を続けるためのカギとは……?

■対象
会話がうまく続けられずに悩んでいる社会人、大学生の方

■主な内容
・なぜうまく会話が続かないのか?
・「自分中心」の話になっていませんか?
・話の引き出しを増やそう! ほかbutton07_moushikomi_03

 


Mission 3.「文章・書類作成が苦手」からの脱出編

メール、報告書、企画書、プレゼン資料、レポートなど、仕事や学校などで作成しなければいけない書類が山の様にあります。しかし、時間をかけてキッチリ書いたつもりが、なぜかうまく伝わらなくて悩むことが多々あります。果たして伝わる文章・書類作成のためのカギとは……?

■対象
メール、レポートなどの文章・書類作成が苦手な社会人、大学生の方

■主な内容
・「何が言いたいのか」決めてから書いてますか?
・読んだ相手が何をすればいいのか、がわからないとダメ
・文章&書類作成のコツ ほかbutton07_moushikomi_03

 


Mission 4.「教えるのが苦手」からの脱出編

自分の知識や技術を人に教える立場になってみると、何度教えてもできるようにならない、うまくこちらの言いたいことが伝わらない、など教えることの難しさに直面してしまいます。そこでグループマネジャーとして年上や自分より社歴が長い、自己管理が苦手など様々なタイプの部下がいるチームを率いてきた、教育歴10年以上の講師が教える、「うまく教えられない」という苦労と悩みから脱出するカギとは……?

■対象
後輩や部下の教育・指導が苦手な社会人、大学生の方

■主な内容
・自分と相手は経験値が全然違うことを忘れるな!
・できるようにすることが教えるということ
・相手のやる気を引き出そう! 他button07_moushikomi_03

 


Mission 5.「スピーチの恐怖」からの脱出編

スピーチと聞いて「やりたくない」と即答するほど苦手な人が結構多くいます。緊張する、うまく話せない、良い内容が考えられないなど、その悩みは様々。しかし、朝礼や会合、宴席にいたるまで年齢や役職が上がるほど頼まれる機会は増え、どうしても断れない時もあります。なんとかして「スピーチの恐怖」から脱出し、期待に応えるには……?

■対象
とにかくスピーチが苦手な社会人、大学生の方

■主な内容
・原稿通りに話そうとするから緊張する
・テーマは一つ、時間は短く、間は多く
・何度も声に出して練習しよう! 他button07_moushikomi_03

 


Mission 6.「話がスベる……」からの脱出編

場を和ませようと思って放った渾身のジョークが思いっきりスベってしまったら……しーんとなった会場から一刻も早く立ち去ることしか考えられなくなってしまいます。一体、なぜスベってしまうのか?毎回「話がスベる」状況から一刻も早く脱出するには……?

■対象
スピーチやプレゼンなどでよく話がスベるとお悩みの社会人、大学生の方

■主な内容
・スベる話にはちゃんと理由がある
・「スベって当然、ウケたらラッキー」の心構えで行こう!
・タイミングと前フリを極めよう 他button07_moushikomi_03

 

 


■こちらもおすすめ!『プレゼンが苦手……からの脱出!』シリーズ

■セミナー概要

  • 会場:share YODOYABASHI deck
  • 定員:20名/回 ※1名から開催します。定員になり次第締め切ります。
  • 受講料:¥5,800+税/回
  • セミナー受講規約をご確認の上、お申し込みください。

※注 本特典は内容を予告なく変更する場合がございます。

【登壇情報】投資育成セミナー「プレゼン力」の極意(2日間)

当協会代表理事/プレゼンテーション・ディレクターの西原が、下記セミナーに登壇致しました。


 

投資育成セミナー「プレゼン力」の極意(2日間)

【開催日時】2015年10月22日(木)~23日(金)10:00~17:00
【対象】営業・技術・企画担当者向け

社会人であれば営業・技術・企画業務において、商談や説明、提案、解説など業種を問わず人前で資料を基に説明するプレゼンテーションの機会が必ずありま す。しかし多くの場合、こちらの意図が正しく伝わらず、また、聞いている側は「話す内容が一方的で理解しづらい」「スライドが見づらい、理解しにくい」な ど不満に思っているのが現状です。
その原因として日本の多くのビジネスパーソンが、これまでに人前での話し方や話の構成など、プレゼンテーションに必要なことを習っていないことにあります。しかし欧米では学生時代から、相手に自分の意図を正しく伝える訓練をしてきています。
本セミナーでは「顧客に”説明が難しい、分からない”と言われる」「商談や受注につながらない」「何が悪かったか分からない」「人前で話すことが苦手で ある」「プレゼンテーションのやり方が分からない」……このような悩みがある方々には最適の内容です。相手に伝えるための理論と技術を実習で身につけ、そ して明日から仕事で使えるよう学んでいただきます。

>>>詳細・お申し込みは……大阪中小企業投資育成株式会社