法人の方へ

「プレゼンテーション」「コミュニケーション」教育をお考えのご担当者へ
当協会では2つの社員教育をご提供しています。

1.公開講座に社員を派遣する

2.講師を招いて企業内研修を行う


1.公開講座に社員を派遣する

「会社に講師を呼ぶほど、まとまった受講人数がいない……」
「部下が悩んでいるようなので、自信をつけさせたい……」

そんなときは公開講座への派遣がオススメです。

  • 1名様から受講可能です(大阪会場は1名様から開催します)
  • ベーシックとテクニックは毎月平日&土曜に複数開催。必要な時に受講可能です
  • 1講座6名様以上の派遣なら法人割引もあります

お問い合わせ・ご相談

プレゼン初心者、実施回数が少ない方向けの基礎講座。
プレゼンテーション技能検定 3級」の資格取得も可能です。
詳しくはこちら

自己流、我流から脱却し、プレゼン技術に磨きをかけたい方向けの応用講座。
プレゼンテーション技能検定 準2級」の資格取得も可能です。
詳しくはこちら

初めてのプレゼンで大失敗しないために「絶対に知っておくべき基本」とは?
プレゼン初心者限定の入門セミナー。
なぜ「何を言いたいのかよくわからない」と言われるのか?
プレゼン、スピーチ、朝礼など、話し下手を改善する90分講座
自分のプレゼンやスピーチはどこをどう改善したら上手くなる?
仕事で実施しているプレゼンを題材に、プロのアドバイスと他参加者の客観的意見で上達のヒントが見つかる90分講座
自社の商品やサービスを紹介、情報提供のためのセミナーや、採用のための会社説明会では一体、何を話せばいいのか?、聞き手を飽きさせない、眠らせない方法は?
社内外で実際に実施しているプレゼンをしながら、内容の無駄を削ぎ落とし、スライドをブラッシュアップし、話し方・伝え方を徹底的に鍛えます。3ヶ月6回のスクール学習

2.講師を招いて企業内研修を行う

当協会は上場企業や外資系企業、中小企業など様々な企業で、新入社員研修から、中堅、経営者・経営幹部向け、社長の社外向け発表会のためのマンツーマントレーニングまで、数々の社員研修、トレーニングを実施しています。

また「企業内研修自体が初めてで、どのように企画・運営すれば良いか分からない……」とお悩みのご担当者様もぜひご相談ください。15年以上にわたり社員教育に携わってきたプロが、会場設営方法からアンケート内容まで、効果的な研修ができるようにアドバイスいたします。

  • 5年以上のリピート多数。信頼と実績で高い研修効果が期待できます。【導入実績・事例
  • 全員に発表機会を設け、講師の目が行き届くために1クラス16名迄の少人数制を採用
  • 北海道から沖縄まで全国対応しています

お問い合わせ・ご相談

テーマ:プレゼンテーションスキル

テーマ:コミュニケーションスキル


■プレゼンテーション:全階層向け

『プレゼンテーション技能向上研修 基本編』

〜プレゼンテーション技能検定3級対応〜

「人前で話すことが苦手である」
「緊張して何を喋っているのか分からない」
「商談や受注につながらない」

このような悩みを抱えるビジネスパーソンがたくさんいます。そもそもプレゼンのやり方を学校でも会社でも教えてくれなかったのですから無理もありません。

そこで本講座では「内容構成」や「スライド作成」そして「発表技術」の基本からプロのテクニックまで、「理論と演習」の繰り返しでプレゼンの技術を身につけます。

さらにプレゼン能力を客観的に証明できる「プレゼンテーション技能検定3級」試験を組み込むことで、資格取得によるモチベーションアップ、そして参加者に研修に真面目に取り組ませる効果も期待できます。

ー期待される効果ー

・何のためにプレゼンをするのか理解できる
・聞き手に伝わる話し方の基本が身につく
・演習を繰り返すことで、人前で話すことに慣れる
・研修の最後に試験を課すことで、真剣に研修させることができる
・資格取得による社員様のモチベーションアップにつながる

ー概要ー

・対象 全階層のビジネスパーソン
・時間 基本 10:00〜17:00/昼休憩60分、1時間毎に10分程度休憩
・定員 基本 16名
・研修形式 講義、実習(ペア&グループワーク、個人発表等)、検定試験
・会場 貴社ご指定場所(全国対応可)
・備考 事前課題の設定や、1人1台プレゼン可能なノートパソコンやタブレットなどがあればより学習効果が高まります。

ー基本プログラムー

イントロダクション プレゼンは「総合力」勝負!

1.「ビジネスマナー」の基本

・第一印象は「3秒」で決まる!
・第一印象を左右する5つの要素

2.「説明力」の基本

・まず「要約」する
・聞いても意味がわからない説明をするな!
・具体的に説明せよ

3.「内容構成力」の基本

・内容を整理し、わかりやすく組み立てる
【演習】「要点提示法」で組み立てる

4.「資料作成力」の基本

・スライド≠配布資料
・何をスライドに書くか
【演習】絵を描いて説明する

5.「話す力」の基本

・人と話すときに気をつけたい4つのポイント
・人類永遠の課題 〜口癖を減らすには〜
【演習】滑舌のトレーニング

6.「伝える力」の基本

・言葉以外でも色々伝わっている
・人に伝えるときに気をつけたい4つのポイント
【演習】話し方・伝え方のチェック

7.「人間的魅力」の基本

・プレゼンに必要な人間的魅力とは?
・自信を持って堂々とプレゼンするには?
・やはり準備と練習が重要

【3級検定試験】解答選択式

button07_toiawase_03


■プレゼンテーション:全階層向け

『プレゼンテーション技能向上研修 技術編』

〜プレゼンテーション技能検定準2級対応〜

商品を買ってもらう、企画を承認してもらう、就職面接で採用してもらう……
このようにプレゼンで自分が望む結果を出すためには、商品や企画内容、そして自分自身が良いことは当然ですが、いくら内容が良くても「伝え方」が良くなければ、聞き手を動かすことはできません。プレゼンで伝えたいことを確実に伝えるためには、テクニックも絶対必要です。そのテクニックを知っているのと知らないのとでは、プレゼンの結果に明らかな違いが出ます。

そこで聞き手を引き込み、心を動かす「7つのプレゼンテクニック」を、演習中心で身につける1日集中講座です。テクニックはやり方をきちんと学び、練習すれば誰でも使えるようになります。プレゼンに自信がない方も、もっとプレゼン力をつけたい方にもオススメの講座です!

さらにプレゼン能力を客観的に証明できる「プレゼンテーション技能検定準2級」試験を組み込むことで、資格取得によるモチベーションアップ、そして参加者に研修に真面目に取り組ませる効果も期待できます。

ー期待される効果ー

・自己流、我流を見直す良い機会になる
・伸び悩んでいる方には、壁を突破するための気づきとなる
・演習を繰り返すことで、学んだ技術を確実に身につける
・研修の最後に試験を課すことで、真剣に研修させることができる
・資格取得による社員様のモチベーションアップにつながる

ー概要ー

・対象 全階層のビジネスパーソン
・時間 基本 10:00〜17:00/昼休憩60分、1時間毎に10分程度休憩
・定員 基本 16名
・研修形式 講義、実習(ペア&グループワーク、個人発表等)、検定試験
・会場 貴社ご指定場所(全国対応可)
・備考 事前課題の設定や、1人1台プレゼン可能なノートパソコンやタブレットなどがあればより学習効果が高まります。

ー基本プログラムー

1.「ストーリー」のテクニック

  • 今回の聞き手を動かすために必要なことは何か?
  • 「3」という数字の秘密
  • 【演習】プレゼンストーリーを考える その1

2.「説明・説得」のテクニック

  • わかりやすく説明する 例える・比較する・言い換える
  • エピソードを使って訴える
  • 【演習】プレゼンストーリーを考える その2

3.「スライドデザイン」のテクニック

  • スライドデザインの鉄則 1 Slide 1 Message
  • 文章は図解、ビジュアルは最大化
  • 【演習】絵コンテを描く

4.「話し方・伝え方」のテクニック

  • 緩急・強調・間……変化をつけるなら大きく!
  • アイコンタクトで一人一人に語りかける
  • 自由自在に動いて聞き手を引き付ける
  • 【演習】アイコンタクトの練習

5.「トラブル回避」のテクニック

  • トラブルは忘れた頃にやってくる
  • 機材トラブルにはバックアップで備える
  • 内容のド忘れには「メモ」で備える
  • 【演習】プレゼンメモを作る

6.「質疑応答」のテクニック

  • 聞かれそうな質問は回答を準備しておく
  • 質疑応答 3ステップ
  • 【演習】質疑応答の練習

7.「聞き手の心を掴む」テクニック

  • 堂々と自信のある態度で掴む
  • スライド切替で掴む 〜暗転、リモコン、切替前のつなぎ言葉〜
  • 【演習】自分のプレゼンスタイルをチェックする

【認定試験】解答選択式 及び 記述式

 button07_toiawase_03

■プレゼンテーション:全階層向け

『プレゼンテーション技能向上研修 実践編』

 

本研修プログラムは会社・製品説明や企画提案など、社員が社内外で実施しているプレゼンテーションを題材に、プロ講師の客観的アドバイスと、徹底的に練習を繰り返すことで、参加者全員のプレゼン技能の底上げを図るプログラムです。

ー基本プログラムー

【事前準備】社内外で実施しているプレゼンを5〜10分間(※)に要約しておく

※受講人数によって変わります。詳しくはご相談ください。

1.プレゼンテーションの目的確認
・プレゼンとは何をすることか?

2.自己チェックと練習の繰り返し
・ビデオチェック

3.発表、質疑応答、フィードバック
・全員の前でプレゼンし、フィードバックを行う

ー期待される効果ー

・他社員のプレゼンを見て自己流、我流を見直す良い機会になる
・社員のプレゼンレベルや改善点を把握できる
・質疑応答でよく聞かれる質問とその回答方法について共有できる
・練習を繰り返すことで、自信がつく

ー概要ー

・対象 全階層のビジネスパーソン
・時間 基本 4時間13:00〜17:00/1時間毎に10分程度休憩
・定員 基本 1クラス4〜8名まで
・研修形式 実務プレゼン実践型
・会場 貴社ご指定場所(全国対応可)

button07_toiawase_03


■プレゼンテーション:経営者・経営幹部向け

『想いを伝え、人を動かす「伝達力」の極意』

リーダーとして想いを伝え、人を動かすためには「伝える力」が絶対必要です。社員・顧客・金融機関などを相手に何を、どう話せば、相手は動くのかを、多くの上場企業の発表会や説明会に関わって来た講師が解説します。

ー基本プログラムー

1.経営者・経営幹部の「言葉」には「人を動かす」強い力がある
2.自分と社員・部下は「視点」が違う
3.経営者、経営幹部としてが絶対身につけたいプレゼンの技術

ー概要ー

・対象 経営者、経営幹部、マネジャークラス
・時間 基本 2時間〜半日
・定員 8名まで(少人数制)
・研修形式 講義 + 実習(ペア&グループワーク、個人発表等)
・会場 貴社ご指定場所(全国対応可)

button07_toiawase_03


■コミュニケーション:専門職・エンジニア向け

『専門職・エンジニアのための『同行営業力』強化講座』

営業や上司、そして社長がお客様への提案やコンペ、商品説明などで、専門職や技術的な事に詳しいエンジニアに同行を依頼する機会が増えています。しかしその依頼を「面倒くさい」「営業は嫌い」と嫌な顔をしてはもったいない。なぜなら直に会って話すことで、メールだけでは分からない様々な「情報」を得られ、結果、仕事がやりやすくなるからです。そこで同行営業で案件を獲得するための話の聴き方や、わかりやすい話し方・説明の仕方、そして伝わるプレゼンテーションの方法について学びます。

ー期待される効果ー

・相手の話に耳を傾けられるようになる
・相手の知識レベルを考えて、適切に説明できる
・わかりやすいスライドを作れるようになる
・同行者との「チームワーク」で案件を獲得できる

ー基本プログラムー

1.そもそも、なぜ同行する必要があるのか
2.同行営業が上手くいく3つのポイント
3.同行営業で信頼度が上がる「聴き方」
4.同行営業で信頼度が上がる「話し方」
5.同行営業で信頼度が上がる「プレゼンテーション」
6.あなたの「信頼度」を上げよう!

ー概要ー

・対象 同行営業する機会のある企画開発・技術・デザイナー・SEなど
・時間 基本 10:00〜17:00/昼休憩60分、また1時間毎に10分程度休憩
・定員 20名
・研修形式 講義 + 実習(ペア&グループワーク、個人発表等)
・会場 貴社ご指定場所(全国対応可)

button07_toiawase_03


■コミュニケーション:新入社員・若手社員(入社2〜3年目)向け

『新入社員・若手社員のためのビジネスコミュニケーション研修』

プレゼンを学生時代の感覚で実施しても、全く社会では通用しません。一刻も早く「売るための」プレゼンの基本を身につける必要があります。そしてプレゼンで結果を出すためには、社内外でのコミュニケーション能力が欠かせません。組織の一員として仕事をうまく進めるための基本も必要です。新人を「使えない」から「使える」ようにするために、ビジネスマナー以外に社会人として必要な2大スキル「プレゼンテーション」&「コミュニケーション」の基本を身につけさせる研修です。

ー期待される効果ー

・学生気分を払拭し、会社の一員であることを自覚させる
・業務をスムーズに進める上で欠かせないコミュニケーションの基本を身につけさせる
・楽しく面白くが目的の学生時代と違い、ビジネスプレゼンは結果を出巣ことが目的であることを理解させる

ー基本プログラムー

1.会社が新入社員に期待していること
2.社会人として身につけるべき2大スキルとは
3.話は「聞く」ではなく「聴く」
4.ビジネスの基本は「結論が先」
5.学生時代とビジネスでは「プレゼンの目的」が全く違う
6.どうすれば伝わるかをまず考えよう

ー概要ー

・対象 新入社員、若手社員(入社2〜3年目)
・時間 基本 10:00〜17:00/昼休憩60分、また1時間毎に10分程度休憩
・定員 30名
・研修形式 講義 + 実習(ペア&グループワーク、個人発表等)
・会場 貴社ご指定場所(全国対応可)

button07_toiawase_03


■コミュニケーション:全階層向け

『伝え方の極意 ~聴き方&話し方&伝え方~』

コミュニケーションの基本は、相手の話を聴く事から始まります。相手の話を遮らず、否定せず、時に質問してより深く相手から話を聴き出すための基本をゲームを交えて学びます。また、プレゼン以外にも人前で話す場面は多々あります。スピーチ、朝礼、ちょっとした挨拶などで使える話し方の基本を、発声から話の組み立て方までグループ演習をしながら、相手に伝わる伝え方を身につけます。

ー期待される効果ー

・学生気分を払拭し、会社の一員であることを自覚させる
・業務をスムーズに進める上で欠かせないコミュニケーションの基本を身につけさせる
・楽しく面白くが目的の学生時代と違い、ビジネスプレゼンは結果を出巣ことが目的であることを理解させる

ー基本プログラムー

1.イントロダクション:どうすれば伝えたいことが相手に伝わるのか?
2.聴き方:「聞く」と「聴く」は大違い!
3.話し方:緩急・強調・間を意識せよ
4.伝え方:どうすれば相手に伝わるか考えよう

概要ー

・対象 全階層
・時間 基本 半日または1日
・定員 30名まで
・研修形式 講義 + 実習(ペア&グループワーク)
・会場 貴社ご指定場所(全国対応可)

button07_toiawase_03