プレゼンクエスト!

【プレゼンクエスト!】Lv.8 相手の視点で見てみよう

前回のあらすじ:プレゼン直前のドタバタは緊張のもと

堀川先輩「ところでこうすけ、自分のプレゼンを自分で見たことがあるか?」
こうすけ「いえ、一度も無いですけど……」
堀川先輩「ほほう……一度、相手がどんな思いで聞いているのか、確認しようじゃないか」
こうすけ「ひいっっ!」
----------
みなさん、こんにちは。
日本プレゼンテーション教育協会の代表理事・西原です。

突然ですが、あなたはご自身のプレゼンやスピーチをビデオで録画して見てみたり、音声レコーダーで録音して聞いてみたりしたことはありますか?

『いやいやいや!そんな恐ろしいことはした事がないし、したくもない!』

……という声が、北は北海道から南は九州沖縄まで全国各地から聞こえてきました。

でも中には、研修などで強制的にスピーチや営業のロープレ実習をビデオを撮った、なんて方もいるでしょう。

私は仕事柄、度々そのような機会がありますが、プロであっても正直嫌です(仕事だろ!)。
なぜなら気になるところを多々発見してしまうからです。プレゼン講座の受講者の皆さんには「口癖を減らせー!」って言っているのに、「えー」とか「まあ」とか言ってますし……。日々改善ですな。

しかし、残念ながらモニターに映っている姿が、あるいはスピーカーから聞こえてくる声が、相手に見えている姿、聞こえている声、伝わっている内容なのです。決して機械が壊れているわけでは有りません。事実なのです。紛れもなくあなたの姿と声なのです!

と言うわけで、冷静には見られないでしょうが、一度は客観的には見たほうがいいですよ。

さて、見た目や話し方については、別の機会にじっくりお話しするとして、今回はまず「内容」について--

続きはメルマガで!初月無料で読めます!

毎週、プレゼンがレベルアップするコツやテクニックを解説しています。
もちろん無料期間で購読解除もできますので、まずは一度チェックしてみてください!

☆試し読み【プレゼンクエスト!】Lv.1 そもそもプレゼンってなんだ?
☆試し読み【プレゼンクエスト!】Lv.2 真の目的が明らかに

メルマガ詳細
日本プレゼンテーション教育協会は、商談・コンペ・商品説明会・面接など、様々なビジネスシーンにおいて、もはや必要不可欠な「プレゼンテーション」と「コミュニケーション」の専門教育機関。プレゼンテーションの話の組み立て方や話し方&聴き方、スライド作成技術、コミュニケーションなどをテーマに、各地でプレゼンスキルアップ講座(協会主催)や社内研修、講演会を実施している。
サイト http://jpea.jp
投稿を作成しました 400

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る