Q.やはりプレゼンで緊張しないほうが良い?

A.実は緊張した方が良い。ただし極度の緊張はダメ!

多くのビジネスパーソンがプレゼンで悩んでいることが「緊張してしまう」ことです。
大人数の前にしたり、役員が揃った会議での新規提案、そして絶対に失敗できないコンペなどでは特に緊張してしまいますね。

「緊張してる!どうしよう、リラックスしないと!」

……と思えば思うほど、逆に緊張してしまいます。

当協会のプレゼン講座でも「どうすれば緊張せずにプレゼンできますか?」とよく質問を受けますが、一体どうすれば良いでしょうか。

実は、適度に緊張した方が良いのです。
緊張とは気分が張りつめて、ゆるみが無いことですから、実はいい状態なのです。

誰だって緊張します。あなただけではありません。
ですからプレゼンを始め、スピーチ、試験などに臨む時には『緊張するのは当たり前』と思ってください。

逆に「なんか今日は不思議とリラックスしているなあ、なんかいい感じだなあ」という時ほど、実は要注意です。
この場合のリラックスとは「気が緩んでいる」こと。本番で肝心なことが抜けたり、機材などの忘れ物をしていたり、PCトラブルに見舞われたり……。

気が緩んでいると、ろくなことがありません。

過度な緊張はダメですが、リラックスし過ぎもダメ。
多少、緊張している状態の方が気合いが入っている証拠。安心してプレゼンに臨みましょう!

日本プレゼンテーション教育協会は、商談・コンペ・商品説明会・面接など、様々なビジネスシーンにおいて、もはや必要不可欠な「プレゼンテーション」と「コミュニケーション」の専門教育機関。プレゼンテーションの話の組み立て方や話し方&聴き方、スライド作成技術、コミュニケーションなどをテーマに、各地でプレゼンスキルアップ講座(協会主催)や社内研修、講演会を実施している。
サイト http://jpea.jp
投稿を作成しました 426

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る