プレゼン 伝え方の極意

【伝え方の極意】相手にわかるように話そう

30秒で読める、プレゼンをレベルアップさせるためのワンポイント・アドバイス。今日のキーワードは「相手視点です。

そもそも話がよくわからなかったのは誰でしょうか。それはもちろん「相手」ですね。

何を当たり前な……と思うかも知れませんが、この当たり前であるはずの「相手」のことをすっかり忘れてしまうと、結局よくわからなかったと言われてしまいます。

例えば、わかりにくいプレゼンの特徴の一つに「専門用語が多すぎる」があります。

普段使い慣れているから専門用語を使ったほうが圧倒的に楽なのですが、相手によっては意味が全く通じません。もちろん、自分と同じレベルの人ならバンバン専門用語で会話しても、意味が通じるので問題ありません。

一方、就活生や違う部門の人、現場から離れて久しい上司や経営陣など、専門用語が通じない相手の場合はどうするか、です。当然、意味が通じるよう話さなければならないので、専門用語を噛み砕いて説明する、違う言葉に言い換えるなどが必要です。

しかし、これはなかなか簡単ではありません。特に噛み砕いて説明するのは、相当深く理解していなければできないからです。これは小さなお子さんをお持ちの方ならご経験あるのではないでしょうか。

相手あってのプレゼンなのに、その相手にわかるように話していない。これが結局よくわからなかったと言われてしまう、たった一つの理由です。

【今日のワンポイント】

相手にわかるように話そう

今度のプレゼンに役立つ無料メルマガを毎週配信中!

毎週、プレゼン・トレーナーの西原が、プレゼンをレベルアップさせるためのコツやテクニックをご紹介。

無料なので、ぜひ購読してみてください!

【無料】プレゼンスキルアップマガジン「めっちゃ伝わる!プレゼン」


おすすめの講座

質疑応答力レベルアップセミナー
論理的思考・心理学のプロが教える「質疑応答」の極意とは?
もっと!上手くなりたい人のプレゼンレベルアップ講座【入門編】
無料ビデオセミナーで学ぶ「プレゼンの基本中の基本」とは?
もっと!上手くなりたい人のプレゼンレベルアップ講座【初級】
内容の考え方から話し方、準備の方法まで。プレゼン初心者のための基礎講座
もっと!上手くなりたい人のプレゼンレベルアップ講座【中級】
場数を踏んで慣れてきたはずなのに、伝わらない、上手くいかないのは「プレゼン慣れ」にあるかも
日本プレゼンテーション教育協会は、商談・コンペ・商品説明会・面接など、様々なビジネスシーンにおいて、もはや必要不可欠な「プレゼンテーション」と「コミュニケーション」の専門教育機関。プレゼンテーションの話の組み立て方や話し方&聴き方、スライド作成技術、コミュニケーションなどをテーマに、各地でプレゼンスキルアップ講座(協会主催)や社内研修、講演会を実施している。
サイト http://jpea.jp
投稿を作成しました 458

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る