プロに訊く

プロに訊く「第一印象の極意」

第一印象で好印象を与えるための基本5原則とは

  1. 挨拶
  2. 表情
  3. 身だしなみ
  4. 態度
  5. 言葉遣い

です。

1.挨拶

挨拶はコミュニケーションの始まりであり、良い人間関係を築く第一歩です。「明るく、 いつでも、先に、続けて」が基本です。明るく元気に、いつでも自分から先に進んで挨拶しましょう。

「続けて」というのは、挨拶のあとに何か一言プラスするとより良いということです。例えば「今日はいいお天気ですね」など、天気の話や明るい話題でホットなニュースが良いでしょう。

相手に目線を合わせて、笑顔で、明るい声を意識しましょう。

2.表情

笑顔は第一印象を良くするために、一番重要と言っても過言ではないでしょう。

私事ですが、学生時代、初対面の方から「あなたの笑顔はいいね。癒されるわ!」と言われて嬉しかったことを覚えています。当時から、取り柄は「明るい笑顔」と思い込んでいるおかげか、まわりの人から「いつも笑顔でいいね」とか、食事の時に「ほんとに美味しそうに食べるね。見ていて気持ちいい!」と言われることがあります。

笑顔でいると、人の心を和ませ、相手の心を開かせ、笑顔が笑顔を呼び、良い雰囲気になります。「笑いは最良の薬」ということわざもありますが、笑顔がもたらす効果はその他にもたくさんあって絶大です。


ところで、第一印象が「怖い」「冷たい」と思われがちな人は、表情に注意してみましょう。たいていの場合、真顔の時、口がヘの字になっていたり、つまらなそうな表情をしています。目尻を下げ、口角をほんの少し上げるだけでガラッと印象は良くなります。

特に今はコロナ渦でマスクを着用している状況ですから、目で笑うことを意識し、優しい目元になるよう心がけましょう。

3.身だしなみ

「おしゃれ」と「身だしなみ」はイコールではありません。

「おしゃれ」は、自分自身の個性を表現することです。「身だしなみ」は、相手に不快感を与えないように身なりを整えて、相手に敬意を表現することです。おしゃれはプライベートでしましょう。

不快感を与える身だしなみの例としては、よれよれのワイシャツ、サイズが合っていない服、汚れた靴、寝癖がついた髪の毛、伸びている爪、派手なメイク、けばけばしいアクセサリー、口臭などです。清潔感は全く感じられません。

清潔感のある身だしなみとは、きちんとプレスされたシャツやスーツ、サイズが合った服、磨かれた靴、洗髪した整えられた髪、手入れをしている肌、きちんと整えられた爪、不快に感じさせない香りなどです。

服装、髪型、顔や手指の手入れ、アクセサリーや腕時計などの装飾品、靴など、すべてにおいて清潔感溢れる身だしなみであって、TPOにあったものであることが大切です。相手の気持ちや立場に立った身だしなみを心がけましょう。

4.態度

4つ目は態度です。姿勢を正しくして背筋を伸ばすときちんとした印象を与えます。

すべての所作は正しい姿勢から」と私はいつもお伝えしています。

また、話を聞くときは視線を合わせ、柔らかい物腰で接することで、良い印象を与えることができます。

5.言葉遣い

× できません → 致しかねます
× すみません → 恐れ入ります

正しい言葉遣いができると、品格が上がります。日頃から美しい言葉を使うよう意識しましょう。

例えば「できません」は「致しかねます」、「すみません」は「恐れ入ります」と言い換えると、それぞれ丁寧な印象になります。

× こちらでよろしかったでしょうか → こちらでよろしいでしょうか

また、間違った敬語が日常的に使われていることも多いので注意しましょう。「こちらでよろしかったでしょうか」という過去形にした言い方を耳にすることがありますが、正しくは「こちらでよろしいでしょうか」です。

× 超、受けますね → 非常に興味深いですね
× やばいですね → ただ事ではないですね

若者言葉も好ましくありません。「超、受けますね」「やばいですね」など、ビジネスではふさわしくないですね。こちらは「非常に興味深いですね」「ただ事ではないですね」に言い換えましょう。


いかがでしょうか。言葉遣いひとつで印象はこんなに変わります。

友人、パートナーなど親しい間柄であれば、敬語は必要ないかもしれませんが、初対面の相手や、お客様、上司に対しては、正しい敬語を遣いましょう。相手との関係性に応じて、柔軟に言葉を選んで使い分けることができれば、相手に信頼感を与えることができます。

話すときはきちんと口を開けて、相手が聞きとりやすい声で話します。また、一方的に話すのではなく、相手の話はよく聞き、相槌を打つなど聞き上手になることも大切です。

以上、「第一印象で好印象を与える基本5原則」を中心にお伝えしました。

是非、参考にしていただき、「第一印象で得している人」になりましょう!

柳井綾子

柳井先生からのアドバイス

挨拶、表情、身だしなみ、態度、言葉遣いに気をつけて。

日本プレゼンテーション教育協会は、商談・コンペ・商品説明会・面接など、様々なビジネスシーンにおいて、もはや必要不可欠な「プレゼンテーション」と「コミュニケーション」の専門教育機関。プレゼンテーションの話の組み立て方や話し方&聴き方、スライド作成技術、コミュニケーションなどをテーマに、各地でプレゼンスキルアップ講座(協会主催)や社内研修、講演会を実施している。
サイト http://jpea.jp
投稿を作成しました 433

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る