1 on 1 ミーティングスキル研修

世界的に注目を集めている人材育成の手法を学ぶ

人材育成の手法として世界的に注目を集めている1on1ミーティング。日本ではヤフーが取り入れたことで話題になり、現在は多くの企業で導入が進んでいます。

1on1ミーティングは、定期的に上司と部下が1対1で話し合うことを言い、評価面談とは区別しています。1on1ミーティングの目的は部下の「成長支援」です。

そのため、1on1ミーティングにおいて重要なのは、上司が部下に現状の問題の解決策を考えさせること。「部下に話をしてもらう」「上司が先に自分の考えや答えを言わない」「上司に依存した関係にならないようにする」など部下の主体性を引き出しながら、解決に向かって部下を実際の行動に導くことが必要です。

本研修では、1on1を実施する際にのポイントを理解するとともに、部下の主体性を引き出す実践的なコーチングスキルの習得を行なっていただきます。

■ 受講対象

  • 管理職または管理職候補の方で1on1ミーティングの進め方を体得したい方
  • 部下と定期的に面談をする立場の方
  • 1on1ミーティングの導入や効果的な進め方を企画している人事部門の方 など

■ 期待される効果

  • 自律型社員の育成ができます
  • 職場の心理的安全性が醸成されます
  • 退職率の低減が期待できます
  • ミーティングでの対話の質が向上します
  • 個人及びチームの生産性が向上します

■担当講師

岡崎茂和

岡崎 茂和 Okazaki Shigekazu

一般社団法人日本プレゼンテーション教育協会 正会員
JPEA認定インストラクター
一般社団法人コーチングカレッジ認定講師
米国ギャラップ社認定ストレングスコーチ

大学卒業後、サービス業に長く従事する。その中で、年間売上1億円以上の飲食店店長として30名のスタッフのマネジメント経験も持つ。前職は、某IT企業にて、社外・社内向けの研修講師として勤務。全国各地で年間100日以上のセミナーに登壇。対象も老若男女、年齢層も20代から70代までと幅広い層に対応。内容も、一方的な講義形式ではなく、ワークなどを中心とした、参加者主体の講義形式には定評がある。その後、コーチングやストレングスファインダーの資格を取得し、それらを元に独自の研修プログラムを開発し、独立。現在は、企業向けの研修、及び個人向けのコーチングスクールの開催、パーソナルコーチングの提供を行なっている。

岡崎講師の研修プログラム
・ロジカルシンキング研修
・1 on 1 ミーティングスキル研修
・アサーティブコミュニケーション研修

■ 基本プログラム

1.1on1ミーティングの実施にあたって
・1on1ミーティングの背景と目的
・1on1ミーティングガイドライン
・1on1ミーティングにおける対話の内藤
・1on1ミーティングの期待できる効果

2.1on1ミーティングの関連する理論
・経験学習理論
・3E/70:20:10の法則
・心理的安全性
・成功循環モデル

3.1on1ミーティングのスキル
・ティーチング
・コーチング
・フィードバック

4.コーチングのスキル(傾聴力・質問力・承認力)
・傾聴力3つのポイント
・傾聴のフレーズ
・【演習】傾聴ロールプレイング「最近ハマっていること」
・効果的な質問
・コーチングのフレームワーク
・【演習】質問ロールプレイング「最近悩んでいること」
・承認の3つの視点
・1メッセージ/YOUメッセージ
・【演習】相手を褒める

※プログラムや演習テーマはカスタマイズ可能です。


■ 研修概要

  • 対象 管理職または管理職候補の方
  • 時間 基本 9:00〜17:00/1時間毎に10分程度休憩
  • 定員 基本 30名まで
  • 研修形式 講義+実習(ペア&グループワーク、個人発表等)
  • 会場 貴社ご指定場所(全国対応可)

詳細、料金等まずはお気軽にご相談ください

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る