プレゼンテーション技能検定【3級】認定講座

プレゼンテーション技能検定3級認定講座

結果を出すには、まずは基本から

どんなに自社製品やサービス、企画提案などが良くても、伝わるプレゼンが出来なければビジネスで結果を出すことはできません。特に年齢や役職が上がると、結果を出さなければならない重要なプレゼンをする機会が、本当に突然やって来ます。なのに……

「そもそもプレゼンのやり方を学んだことがない」
「人前で話すことが苦手で……」
「どうすれば上手くできるのか……」

このような悩みを抱えたままでは、なかなか結果を出せません。そこで早いうちにプレゼンスキルを習得し、経験を積み、そして仕事や人生で最も重要なプレゼンの日に備えておきたいものです。

そこで「内容構成」や「スライド作成」そして「正しい練習方法」まで、プレゼンの基礎を身につけ、さらにプレゼン能力を客観的に証明できる「プレゼンテーション技能検定3級」の資格まで取得できる、明日から仕事に役立つ講座です。

ところで、タイトルこそ硬いですが、講師はおもろい関西人なので柔らかめです。「楽しく学べる。明日から使える」がモットーの講座です。

※「プレゼンテーション技能検定」は、一般社団法人日本プレゼンテーション教育協会が実施する資格認定試験です。

プレゼンテーション技能検定とは?



プレゼンテーション技能検定1級認定講座
プレゼンテーション技能検定1級認定講座
プレゼンテーション技能検定2級認定講座
プレゼンテーション技能検定2級認定講座
プレゼンテーション技能検定準2級認定講座
プレゼンテーション技能検定準2級認定講座
プレゼンテーション技能検定3級認定講座
プレゼンテーション技能検定3級認定講座

本講座の特徴

【改訂版】プレゼンテーション技能検定【3級】公式テキスト/2020年版
3級公式テキスト
合格証書3級-見本
合格証書
会場イメージ
  • 様々な業種・業界でプレゼンを実施したり、指導してきたプロ講師が、単なる知識ではなく、本当に仕事で使える「スキル」を、具体的かつ実践的に伝授します
  • 講座受講と検定試験合格で「プレゼンテーション技能検定3級」取得可
  • 教材として書籍「プレゼンテーション技能検定3級公式テキスト」を進呈
  • 検定合格者のさらなるスキルアップのためのサポートとして、定期勉強会「プロに学ぶ プレゼンの極意」の参加資格を授与

こんな方にオススメです!

  • 初めてプレゼンすることになった方
  • プレゼン経験が数回程度と少ない方
  • 改めてプレゼンのやり方をしっかり学びたい方

本講座で学べること、身につくこと

  • プレゼンの本質が理解できる
  • 内容の考え方から本番で緊張しない方法まで、しっかり学べる
  • 良いスライド、悪いスライドの違いがわかる
  • 聞き手に伝わる話し方の基本が身につく
  • 演習を繰り返すことで、人前で話すことに慣れる

「オンライン講座」と「会場講座」があります

オンライン講座

時間と場所を選ばず、早朝でも深夜でも土日でも、ご自身のタイミングで受講可能です。講義動画で学び、演習課題に取り組み、講師からのコメントで振り返り、そして最後の検定試験に合格すれば「プレゼンテーション技能検定3級」の資格が得られます。

  • パソコン、スマホ、タブレットで受講できます
  • 長い講義ビデオは集中力が低下します。本講座は講義を10分ずつに分割。講義毎に演習問題を挟むことで、集中して学べます。
  • 受講期間は1週間。項目毎に分割されているので、忙しくてまとまった時間が取れなくても、少しずつスキマ時間を活用して学習できます
  • LMS(学習管理システム)を採用。進捗状況の確認や、各講義毎の演習問題、採点と講師コメントなどで効率的に学べます

会場講座

プレゼンスキルは「知識」×「実践」で、より身につきやすくなります。会場講座ではプレゼンの基礎知識を学び、すぐに演習で実践し、講師からのフィードバックをもらうことで、短時間でも確実に上達します。もちろん最後の検定試験に合格すれば「プレゼンテーション技能検定3級」の資格が得られます。

  • 4人以下の少人数トレーニングだから、1人1人に講師が細かいところまでしっかりフィードバックします
  • 毎月定期的に開催。突然のプレゼンすることになっても大丈夫です
  • アルコール除菌や空気清浄機など、新型コロナウイルス感染拡大防止にも取り組んでいます

プログラム(オンライン/会場共通)

  • 第1章「プレゼンテーションの基本」
    • なぜプレゼンが必要か?目的は何か
    • 一方、相手はなぜプレゼンを聞くのか
  • 第2章「ビジネスマナーと説明力」
    • 第一印象を良くする
    • わかりやすく説明するには
  • 第3章「内容構成の基本」
    • 詰め込みすぎは記憶に残らない
    • ビジネスは「結論」が先、「理由・詳細」は後
  • 第4章「資料作成の基本」
    • スライドと配布資料の役割の違い
    • スライドデザインの基本
  • 第5章「話し方の基本」
    • 話し方・伝え方 8つの基本
    • あなたが「どう話すか」を見られている
  • 第6章「練習と質疑応答対策」
    • 結果を出したければ、何度も練習すること!
    • 矛盾や説明不足をなくし、質疑応答に備える
  • プレゼンテーション技能検定3級 認定試験

開催日程・お申し込み

-受講料-
オンライン講座:期間限定¥12,800/会場講座:¥16,800

いずれも税別

オンライン講座

「開催日から選ぶ」または「自分で受講したい日を決める」のどちらかでお申し込みいただけます。

  • お申し込み前に必ず講義動画の視聴が可能かどうかをご確認ください視聴確認はこちら
  • 「@jpea.jp」ドメインを受信できるように設定をお願い致します 。設定方法は各通信会社などにご確認ください
  • 受講期間は、受講開始日より1週間です。

開催日から選ぶ

<< 2020 9月 >>
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3

自分で受講したい日を決める(オンライン限定)

1.ご希望の受講開始日

※本日より4営業日以降をお選びください
※土日祝日も選択可

2.お申込者情報

■お名前(必須)

■ふりがな(必須)

■メールアドレス(必須)

■電話番号(必須)

■貴社名

■部署名

3.お支払い方法

クレジット(Stripe:会員登録不要)クレジット(Paypal)銀行振込(請求書発行:メール)
クレジットカード決済について

4.教材郵送先

会社自宅

■郵便番号

■ご住所

■連絡事項

会場講座

日時 イベント
2020年10月15日(木)
PM 1:30 - PM 4:30
【大阪】プレゼンテーション技能検定【3級】認定講座
1 Stop Business Center 大阪心斎橋 8F, 大阪市 大阪府

※同業者のお申し込みはお断りする場合があります。


講座概要

会場:東京、大阪、名古屋、広島、福岡、オンラインなど
対象:初めてプレゼンする方、経験の少ない方、学んだことがない方
定員:4〜12名(会場により異なります)
費用:オンライン講座:期間限定12,800円/会場講座:16,800円(全て税別)
支払方法:クレジットカード決済、銀行振込
講師:日本プレゼンテーション教育協会 認定講師
備考:名刺、筆記用具

主要会場のご案内

  • 東京:東京メトロ「日本橋駅/B5出口」 から徒歩1分、JR「東京駅/北口」から徒歩4分【アクセス
  • 横浜:JR「横浜駅」東口より徒歩2分【アクセス
  • 京都:京都市営地下鉄 烏丸線・東西線「烏丸御池駅」3番出口より徒歩1分【アクセス
  • 大阪:大阪メトロ「心斎橋駅」3番出口より徒歩3分【アクセス
  • 広島:JR「広島」8番出口より徒歩3分【アクセス

よくある質問

Q.領収書は出ますか?
A.はい。PDFにしてメールでお送りいたします

Q.受講証明書を発行できますか?
A.はい。ただし、全ての演習問題と確認問題を提出した場合に限ります(オンライン講座)。
PDFにしてメールでお送りいたします。

Q.オンライン講座は受講期間内なら、いつでも受講できますか?
A.はい。また繰り返し講義ビデオの視聴も可能です。ただし、課題提出は1回のみです。

Q.都合が悪くなった場合、申し込みをキャンセルできますか?
A.はい。または振替受講が可能です。当協会が開催する講座等の参加費をお支払い頂いた後のキャンセルに関しては、当協会が定めるキャンセル料を差し引いて返金いたします。ご入金いただいていない場合はご請求致します。

  • 講座開催の前々営業日の午前10時まで:無料
  • 講座開催の前々営業日の午前10時以降:受講料の100%
  • 無断欠席:受講料の100%

Q.受講途中でキャンセルできますか?
A.いいえ。成立した受講申し込みの全部または一部を解約することはできません。

受講者アンケートより(抜粋)

「プレゼン」の目的や、良い「プレゼン」とはこういうことなのかということを学ぶことができました。またプレゼンはしっかりと準備・練習することが大事だとわかりました。ありがとうございました。(印刷 S.K様)

視線の配り方、話し方を仕事で意識していきたいと考えています。(交通 K.T様)

資料の作り方がとても参考になりました。それと最初の3分がいかに重要か知ったので、よく練習して臨みたいと思います。やはり練習は大切だとわかりました。(教員 S.A様)

プレゼンテーションの組み立て方のヒントになりました。聞き手が何を欲しているのかを考え、プレゼンテーションに活用したいと思います。(内装・インテリア K.O様)

「聞き手の立場で考える」と言う大事な部分に気付けました。また、プレゼンを行うまでの一連の流れがわかったので、何から手をつけてよいかわからなかった部分が解消されました。様々な場面で活用できそうです。(イベント企画制作 T.F様)

「聞き手にして欲しいことをしてもらうこと」がプレゼンの目的ということで、今まで言いたい言葉から詰め込んでいたので、今後は気をつけます。(コンサルティング T.S様)

とにかく「準備と練習」ということを教えていただきました。今後は準備と練習を完璧にしてプレゼンに臨みたいと思います。(サービス H.F様)


※同業者のお申し込みはお断りする場合があります。
※自然災害や最少施行人数に達しない場合は開催を取りやめる場合があります。あらかじめご了承ください。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る