パワポのプレゼンを同時通訳や字幕表示する「Presentation Translator」

米Microsoft Corporationは12日(現地時間)、「Microsoft PowerPoint」向けのアドイン「Presentation Translator」を一般公開した。本アドインは“Build 2017”カンファレンスでデモされていたもので、プレゼンテーションを同時通訳したり、ライブ字幕を表示することができる。

「Presentation Translator」は、自由なアイデアに取り組む社内プロジェクト“Microsoft Garage”の一環として開発されたアドイン。日本語を含む10カ国語での翻訳と音声読み上げに対応するほか、60カ国語以上のテキスト翻訳に対応しており、ほぼリアルタイムで字幕を表示することができる。

さらに、モバイル端末へインストールした「Microsoft Translator」アプリなどと連携させれば、好きな言語へプレゼンテーションを翻訳して楽しむことが可能。プレゼンターと異なる言語で質疑応答を行うこともできる。そのため、障害を持つユーザーがプレゼンテーションに参加できるようにするためのアクセシビリティツールとしての役割も期待されている。【続きを読む

出典:インプレス


※当協会は、本ウェブサイトからリンクしている外部サイト(以下「リンクサイト」という)の内容およびその使用に関連して発生した、いかなる損害 に対しても責任を負いません。本ウェブサイトからリンクしていることが、当該リンクサイトの商品やサービスを保証するものでも、リンクサイトにある情報が 当協会によって保証されたものでもありません。また、リンクサイト側で会員登録やメールマガジン登録をおこなわれた場合、登録された個人情報やメールアド レスの管理は該当リンクサイト側となるため、該当リンクサイトにお問合わせください。

紹介 JPEA

日本プレゼンテーション教育協会は、商談・コンペ・商品説明会・面接など、様々なビジネスシーンにおいて、もはや必要不可欠な「プレゼンテーション」と「コミュニケーション」の専門教育機関。プレゼンテーションの話の組み立て方や話し方&聴き方、スライド作成技術、コミュニケーションなどをテーマに、各地でプレゼンスキルアップ講座(協会主催)や社内研修、講演会を実施している。

コメントは受け付けていません。