【研修実績】技術者・研究者向け 伝わる説明・報告・発表の技術 主催:大阪商工会議所

代表理事・西原が下記日程で登壇致しました。
開催日時:2019年6月11日(火)10:00-17:00

社内で社長や経営幹部向けに開発状況について報告をしていても「……で、結局どうなっているんだ?」と言われたり、営業に同行して顧客に最新技術について説明してもいまいち伝わっていなかったり。このような悩みを抱えている技術者・研究者の方が大勢います。

そこで、どうすればわかりやすく説明できるのか、相手が理解できる報告ができるのかを、プレゼンとコミュニケーションの専門家が少人数制セミナーで丁寧にわかりやすく伝授します。

対象

社内外での技術説明や研究報告がわかりにくい、難しいと言われ悩んでいる技術者、研究者の方

プログラム

1.話がわかりやすいとは
・説明、報告、発表……わかりにくいと損ばかり
・そもそも「わかりやすい」とは何か
【演習】話がわかりやすい人、わかりにくい人の違い
2.目的を明確にする
・自分:何を伝えたいのか、どうして欲しいのか
・相手:何を聞きたいのか、知りたいのか
【演習】話の目的を設定する
3.わかりやすい話し方
・学校では習わなかった話し方の基本ルール
・変化をつけて話す
【演習】話し方トレーニング
4.わかりやすい「説明」のポイント
・相手の知識レベルに合わせる
・順番を考える
【演習】会社説明
5.わかりやすい「報告」のポイント
・相手は何を報告して欲しいのか
・結論が先、理由・詳細は後
【演習】セミナー受講報告
6.わかりやすい「発表」のポイント
・要点を3つに絞り込む
・シンプルなスライドを使う
【演習】アイデアを発表する


詳しくは……大阪商工会議所