講師コラム

【コラム】台風と研修

今年も我々プロ講師にとって、不安な季節がやってきた。
そう「台風」の季節である。

従来、講師は社員研修や講演会登壇のため、全国各地に飛行機や新幹線などの交通機関を使って移動する。
しかし台風が来ると交通機関が止まり、移動できなくなってしまうのだ。これは致命的である。

実際に数年前の超大型台風の時は、大阪から東京へ新幹線で移動する際、京都駅で4時間止まった。
この時は前日の移動だったため、事なきを得たが、これが当日移動だったらと考えると……いやはや恐ろしい。

よって、この時期は台風情報を逐一チェックし、ハラハラしている。

なので、状況によっては前泊や、別の移動手段(高速バスや自家用車等)も準備しておく。
何があっても現場に向かう。プロとはそういうものである。

ーーーが、今年は「オンライン」だ。

新型コロナウイルス観戦拡大防止のため、ほとんどの研修や講演会がオンラインに移行した。
だから長距離移動もなくなり、台風にハラハラさせられることもないなあと思っていたら……

実はそうでもなかった。

なぜなら社員研修の場合、安全・確実な研修のため、講師が顧客の会社や研修センターに出向き、そこから受講者に配信することもあるからだ。インターネット回線の速度や安定度から考えれば、講師の自宅や事務所よりもその会社の方が確実だ。
例えば、講師の自宅にはモバイルWiFiしかなく、配信途中で通信制限に引っかかり、動画がコマ送りに……なんてのはシャレにならない。

よって、全国各地への移動はなくならず、今年も台風情報にハラハラする日々が続くのだ。
ただ、万が一台風で移動できなくなった場合でも、オンライン登壇と言う選択肢が増えたことは非常にありがたい。


西原 猛 JPEA代表理事 兼 チーフ・インストラクター

イベントの企画・制作や、上場企業の新製品発表会や決算説明会、株主総会等のPR・IR支援に携わる。この時、プレゼンテーションの成否が「仕事や人生の結果」を左右する事を痛感し協会を設立。企業や学校、教育機関などで活躍している。京都府出身。

日本プレゼンテーション教育協会は、商談・コンペ・商品説明会・面接など、様々なビジネスシーンにおいて、もはや必要不可欠な「プレゼンテーション」と「コミュニケーション」の専門教育機関。プレゼンテーションの話の組み立て方や話し方&聴き方、スライド作成技術、コミュニケーションなどをテーマに、各地でプレゼンスキルアップ講座(協会主催)や社内研修、講演会を実施している。
サイト http://jpea.jp
投稿を作成しました 351

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る