ディズニー・USJで学んだ 現場を強くするリーダーの原理原則

さっき説明したよね? しかも「わかりました」って言っていたよね?
ちゃんと人の話聞いてた? なんでやってないの?

部下を指導したり、マネジメントをしている人は、「きちんと説明したのにやってくれない・できない部下」にイライラしたことは一度や二度ではないはず。もしかしたら毎日イライラしっぱなし、という人もいるかもしれないし、本当は冒頭のセリフよりももっと強い言葉で怒鳴りたいが、我慢しているという人もいるだろう。

しかし、やるべきことをきちんと説明したから自分は悪くない、と考えるのは早計というもの。もし、あなたがそういう風に考えがちなら、上司として問題があるかもしれない。

【こんな悩みを持ったリーダーは必読です!】
●「指示待ち」部下にはどうしたら?
●「やらされてる感」満載の部下のやる気スイッチを押すには?
●「わかりました」と言ったのに「やってない」部下にはどうしたら?
●経営理念がまったく浸透していきません…
●「また会社が変なこと言い出した」と否定的な部下には
●「ほめて伸ばす」のは正しい?
●ひとつのチームとしてまとまらない…
●やる気ある人とない人の温度差が激しい
●必ず目標達成する、という意識が低い
●お客様の要望はどこまで応えるべきか…

ディズニー・USJで学んだ 現場を強くするリーダーの原理原則

今井千尋 著/内外出版社 (2017/11/18) ¥1,500(税別)

内容紹介

【目次】
1章 リーダーの「現在地」を知る3つの質問
・あなたは、「なんでやってないの?」と言っていませんか?
・あなたは、「ルールですから」と言っていませんか?
・あなたは、「まだ本気出していないだけ」と思ったことはありませんか?

2章 最強のリーダーになる4つのステップ
・リーダーの抱える疑問に答えを示しながら、部下、チーム、あなたを変える

3章 部下が変わる! リーダーの原理原則
・「わかりました」と答えたのに「わかっていない部下」。本当にわかるようになるには? など
・身についているクセを変える、8週間チャレンジ

4章 チームが変わる! リーダーの原理原則
・目標を「また会社が変なこと言い出した」と、伝わっていきません。 など

5章 お客様が輝く! リーダーの原理原則
お客様の要望はどこまでお聞きすればいいでしょうか? など

6章 自分が変わる! リーダーの原理原則
現場のリーダーになって手応えの足りなさも感じています。 など

日本プレゼンテーション教育協会は、商談・コンペ・商品説明会・面接など、様々なビジネスシーンにおいて、もはや必要不可欠な「プレゼンテーション」と「コミュニケーション」の専門教育機関。プレゼンテーションの話の組み立て方や話し方&聴き方、スライド作成技術、コミュニケーションなどをテーマに、各地でプレゼンスキルアップ講座(協会主催)や社内研修、講演会を実施している。
サイト http://jpea.jp
投稿を作成しました 343

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る