Q15「スライドを使うプレゼンにはどんな機材が必要?」

A.パソコン、プロジェクター、ケーブル、スクリーンが基本機材


ノートパソコン 電池が無くなれば ただの板

まずパソコンですが、持ち運びを考えると普段、業務で使い慣れているノートパソコンが便利です。会場で用意してあるとしても、いざという時のバックアップのために持って行くとよいでしょう。なお、電源コードだけは忘れないように。

私も準備でバタバタしていて、うっかり忘れたことがありますが、そういう時に限って電池がほとんどない、というさらなる追い打ちを食らうものです。電池が無くなればノートパソコンはただの板です。くれぐれも忘れないように。(ちなみにこの時はたまたま同じ機種を使っている出席者がいたので、借りて乗り切ることができました。しかし焦った焦った……)

さて、板といえば、最近はタブレット端末やスマホでも簡単にプロジェクターにつないでプレゼンできます。ノートパソコン以上に持ち運びが便利なので、私は予備機として活用していますよ。

PCとプロジェクターをつなぐケーブルに要注意!

プロジェクターや大型液晶ディスプレイは、大抵、会議室や会場に設置されていることが多いです。主流は「VGA」ですが、最近では「HDMI」が普及してきています。

注意点は古い会議室などのプロジェクターはVGAで、最近の薄型ノートパソコンにはHDMIしかない場合があるので、変換ケーブルが必要になる場合があります。パソコン持参の場合は事前に確認しておきましょう。

そしてプロジェクターを使う場合はスクリーンが必要ですが、会議室などではホワイトボードに映しても大丈夫です。ただし、その際はボードを綺麗に拭いておくことをお忘れなく。


‚®‚é‚Á‚ƃvƒŒƒ[ƒ“ƒJƒo[C³伝わるプレゼンをしたいなら、この一冊!

「ぐるっと!プレゼン」(西原猛著/すばる舎刊)

お買い求めはこちらへ【すばる舎】【Amazon

「きちんとプレゼンの基礎を身につけたい人」向けに、プレゼンの目的設定から、話の組み立て方、スライドデザイン、話し方、さらに「笑いを取りにいってスベった」などのトラブル対処方法まで、ぐるっと一通りプレゼンについて学べる1冊。

【目次】
第1章 プレゼンは最初が肝心。『はじめの3分』で求められること
第2章 まずは知っておきたい! そもそも、「プレゼン」とは?
第3章 口ベタでもOK! 相手の心をつかむ「話し方」のひと工夫
第4章 好感を持たれる! 自然に引き込む! カンタン「演出」
第5章 5通りの「組み立て方」で驚くほどわかりやすくなる!
第6章 やっぱり大事! 「スライド」「配布資料」の作り方
第7章 成功のキモとなる「準備」と「練習」
第8章 あわや大惨事!? トラブルを大きくしない対処法