人のために、社会のために、自分の知識や技術、経験を伝えていく

本スクールは自分の知識や技術、経験をセミナーや研修で「きちんと教えられる」講師を養成する目的で開催します。


話し方やブランディング、集客、セミナー運営のノウハウも大切ですが、そもそも「内容」と「教え方」が伴わなければ無意味です。特に自分が長年かけて身につけた技術や積み上げてきた経験を、人に教えるのは相当難しいものです。なぜなら出来ない相手を出来るようにしなければならないからです。そしてプロとして様々な受講生に教える技術は、残念ながらそう簡単には身につけられません。

そこで本スクールではカリキュラムの中心を「教え方」に据え、プロとして活躍するための知識とノウハウを学びます。

■本スクールの特徴

・講師歴15年の協会代表、現役コンサルタントをはじめとする、充実の講師陣がプロ講師への道をサポート
・約6ヶ月間かけて、教え方からセミナー提案書・プログラムの作り方、法人向け営業方法、自主開催セミナーの企画・運営ノウハウまでをしっかり身につけます
・卒業後も、協会が定期的に開催する「講師研修会」の参加資格を得られるので、継続して学び続けられます。
・講義は土曜または祝日開催。会社勤めをしながらでも学べます
・卒業と同時に「JPEA認定インストラクター」も取得可能(※1)
・卒業後、東京または大阪での自主開催セミナーを協会が支援(※2)
・一般社団法人日本プレゼンテーション教育協会の入会資格が得られます(初年度会費免除)

■次のような方を対象としたスクールです

・仕事での様々な経験(成功談/失敗談)やノウハウ、知識、技術などを教育を通じて、人や社会のために役立てたい方
・社内講師として教えている方、またはこれから社内講師をされる方
・他人の意見に素直に耳を傾け、学び続けられる方
・毎回の課題に真面目に取り組むことができる方

※セミナー・研修を事業としている法人/個人事業主の方の入学は、一切お断りしております。

■カリキュラム

1. 自分自身の棚卸し 〜誰に、何を教えられるか?〜

・プロ講師として活動するためには
・プロ講師として必要なもの
・様々な講師の仕事を知る
・誰に、何を教えられるか?
・提案書を作成する
・価格をどう設定するか
次回まで課題
懇親会

2. 集客と営業 〜どのように売るか〜

・前回の課題の確認
・待っていても仕事は来ない
・自主開催セミナーの集客方法
・法人向け研修の営業方法
・ブランディング
次回まで課題 集客と営業計画を練る

3. プロ講師としての教え方 準備編

・前回の課題の確認
・プロ講師としての心構え
・どのタイプで教えるか
・セミナー・研修に必要なもの
・教材を作成する
次回まで課題

4. プロ講師としての教え方 基礎編

・前回の課題の確認
・講義の進め方
・声の使い方
・話す態度
・わかりやすく教える 
・受講生と対話する
・健康を維持する
次回まで課題

5. プロ講師としての教え方 技術編

・会場の雰囲気作り
・時間管理
・演習(ワーク)の進め方
・フィードバックで成長を促す
・集中力を維持する
次回まで課題

6. プロ講師としての教え方 実習編

実際に作成した教材などを使って、講義の練習を行いながらフィードバック

7. 認定試験

認定試験(1次試験:筆記、2次試験:実技)
認定式
懇親会


■スクール概要

講義 毎月1回 土曜または祝日/13:00-17:00、最終講・認定試験/10:00-17:00  +補講
※開催日程については説明会、個別相談会にてお知らせいたします

第1回 自分自身の棚卸し 〜誰に、何を教えられるか?〜

第2回 集客と営業 〜どのように売るか〜

第3回 プロ講師としての教え方 準備編

第4回 プロ講師としての教え方 基礎編

第5回 プロ講師としての教え方 技術編

第6回 プロ講師としての教え方 実習編

第7回 認定試験

定員 4名限定
課題 講義毎に課題を出題
試験 セミナー(60分間)の実施
受講特典 自主開催セミナーの協会後援(※2)、協会会員資格の取得(初年度会費免除)
受講料 348,000円(税込)


【個別相談会】お申し込みフォーム

お名前(必須)

ふりがな(必須)

TEL(必須)

メールアドレス (必須)

相談可能日時:
平日/11:00 – 20:00(最終受付時間19:00)
土曜/11:00 – 18:00(最終受付時間17:00)

【大阪会場】グランフロント大阪、または協会大阪本部(淀屋橋)

第1希望:曜日

第2希望:曜日

第3希望:曜日

※スケジュールを調整のうえ、日程を決定いたします。

当日質問したいことなどをご記入ください


※1 認定試験に合格が条件。有効期限は3年間とし、更新試験は3年毎に行われる
※2 認定試験合格者が対象。卒業後、半年以内開催の自主開催セミナーにつき1回支援