コミュニケーション能力向上研修 Ⅱ【リカレント】

若手とうまくコミュニケーションをとるには

当協会の研修に参加した若手や中堅社員から、シニアやベテラン社員への不満として「一方的」「人の話に耳を傾けてくれない」「話し方が横柄で威圧的」「言っていることが全く理解できない」などと聞くことがあります。しかしマスターズ世代ともなると、なかなか周りの人間からは指摘しにくいものです。
そこで本研修では「若手とうまくコミュニケーションをとるには」というテーマで改めてコミュニケーションについて見直し、考えていただくプログラムです。


主な対象

  • マスターズ社員(シニア、ベテラン)

期待される効果

  • コミュニケーションは相手との双方向であることが理解できる
  • コミュニケーション・ギャップを減らし、社内の風通しを良くする
  • 社内外との人間関係が良くなり、人間関係に起因するストレスが減る

基本プログラム

1.3時間研修(基本13:00-16:00)

1.イントロダクション
・最近の若手はよくわからん……
・一方で若手はこう思っている
【演習】コミュ力チェック

2.コミュニケーションの本質とは
・コミュニケーションは「双方向」
・自分と他人は価値観が異なる
【演習】思い込み、勘違いをなくすには

3.若手とうまくコミュニケーションを取るための三カ条
・若手がして欲しいのは助言ではなく、まず話を聴いてもらうこと
・すぐに「違う」と言わない!
・長い話と自慢話は嫌われる!

まとめ
20年後の若手に伝えたいこと


※休憩は1時間に10分程度

講座概要

  • 対象
    • マスターズ社員(シニア、ベテラン)
  • 方式
    • 会場
    • 3時間研修
  • 時間
    • 基本 13:00〜16:00
  • 定員
    • 基本1クラス20名まで

お問い合わせ

詳細、料金等まずはお気軽にご相談ください

研修名

コミュニケーション能力向上研修 Ⅱ【リカレント】

    「@jpea.jp」ドメインを受信できるように設定をお願い致します

    ■お問い合わせ内容をお選びください(必須)

    ■お問い合わせ内容

    ■貴社・貴学名(必須)

    ■部署名(必須)

    □役職名

    ■お名前(必須)

    ■お電話番号(必須)

    ■メールアドレス(必須)

    ■メールアドレス確認用(必須)

    検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

    トップに戻る