Q34「話し方に緩急をつけるってどうすること?」

A 話す速度に変化をつけること


眠くなるのは話し方に変化がないから

風景に殆ど変化がない荒野にまっすぐ伸びた道路を、車で何時間も走り続けると、飽きてきて眠くなります。
話し方も同じで、聞き手から単調で眠いと言われるのは、内容がつまらない場合もありますが、多くは話し方に変化がないからです。そこで変化をつける方法の一つが「緩急」をつけることです。

緩急をつける

緩急とは「ゆっくり」「普通」「早め」と話す速度を変えることです。

あなたが普段、人と会話している速度を「普通」として、製品名や数字、キーワードなど重要な所は「ゆっくり」、余談など別に重要じゃない所は「早く」話します。

なぜ緩急がつけられないのか?

話す速さが一定で単調になってしまう原因は、主に下記の通りです。

・原稿を暗記している
暗記すると、覚えたことを思い出すことに意識が集中し、緩急をつけることに気が回りにくくなります。

・メモを読み上げている
暗記と同じで、間違えないように読むことに意識が集中し……以下同文。

・伝えたいことが自分の中ではっきりしていない
そもそも何を伝えたいのか、重要な言葉は何なのかが自分自身でわかっていないと、ゆっくり話すことはできませんね? 常に「今、言いたいことは何か」を意識しながら話すようにしましょう。

→「プレゼンQ&A一覧」に戻る


「もっとプレゼンがうまくなりたい!」と思ったら……

定員8名の少人数制、1人でも開催(大阪会場のみ)の、学びたいときにしっかり学べるプレゼン講座

■結果を出す人のプレゼン技術講座【ベーシック】
■結果を出す人のプレゼン技術講座【テクニック】
■結果を出す人のプレゼン技術講座【伝わる話し方&緊張対策】
■結果を出す人のプレゼン技術講座【スライド作成】
■結果を出す人のプレゼン技術講座【説明の技術】


ぐるっと!プレゼン

プレゼンの基本から学ぶならこの一冊!

「ぐるっと!プレゼン」(西原猛著/すばる舎刊)1,400円+税

お買い求めはこちらへ【すばる舎】【Amazon

「きちんとプレゼンの基礎を身につけたい人」向けに、プレゼンの目的設定から、話の組み立て方、スライドデザイン、話し方、さらに「笑いを取りにいってスベった」などのトラブル対処方法まで、ぐるっと一通りプレゼンについて学べる1冊。

【目次】
第1章 プレゼンは最初が肝心。『はじめの3分』で求められること
第2章 まずは知っておきたい! そもそも、「プレゼン」とは?
第3章 口ベタでもOK! 相手の心をつかむ「話し方」のひと工夫
第4章 好感を持たれる! 自然に引き込む! カンタン「演出」
第5章 5通りの「組み立て方」で驚くほどわかりやすくなる!
第6章 やっぱり大事! 「スライド」「配布資料」の作り方
第7章 成功のキモとなる「準備」と「練習」
第8章 あわや大惨事!? トラブルを大きくしない対処法