Q17「マイクは何人以上で必要?」

A 会場の広さ・天井高にもよるが、基本的に20人を目安に


会場と声の聞こえ方の関係

リハーサルで誰もいない会場で喋ってみたら、結構声が響いて良く聞こえるのでマイク無しでも大丈夫かも、と思う場合があります。ところが、いざ人が入ると声が聞き手の体や服に吸収され、最後列の人は声が聞こえにくくなることがよくあります。

また、会場の広さによっても、声の届き方が変わります。声は会場が縦に長い場合は後ろの席に、横に広い場合は左右の席に、届きにくくなりますので、声の大きさや、会場の形や天井の高さにもよりますが、目安としては20人を目安にマイクを使ったほうが良いでしょう。

声の大きさに自信あり!?

もちろん中には「声楽部だったので声の大きさには自信があります!」という方もいます。

しかし、声を張り上げたプレゼンは逆に聞きにくいものです。プレゼンでは、自然な会話が最も聞きやすいので、その美声を披露するのは、また別の機会にとっておきましょう。あくまで聞き手が声を聞きやすいことが最優先ですよ。


ぐるっと!プレゼン

伝わるプレゼンをしたいなら、この一冊!

「ぐるっと!プレゼン」(西原猛著/すばる舎刊)

お買い求めはこちらへ【すばる舎】【Amazon

「きちんとプレゼンの基礎を身につけたい人」向けに、プレゼンの目的設定から、話の組み立て方、スライドデザイン、話し方、さらに「笑いを取りにいってスベった」などのトラブル対処方法まで、ぐるっと一通りプレゼンについて学べる1冊。

【目次】
第1章 プレゼンは最初が肝心。『はじめの3分』で求められること
第2章 まずは知っておきたい! そもそも、「プレゼン」とは?
第3章 口ベタでもOK! 相手の心をつかむ「話し方」のひと工夫
第4章 好感を持たれる! 自然に引き込む! カンタン「演出」
第5章 5通りの「組み立て方」で驚くほどわかりやすくなる!
第6章 やっぱり大事! 「スライド」「配布資料」の作り方
第7章 成功のキモとなる「準備」と「練習」
第8章 あわや大惨事!? トラブルを大きくしない対処法

日本プレゼンテーション教育協会は、商談・コンペ・商品説明会・面接など、様々なビジネスシーンにおいて、もはや必要不可欠な「プレゼンテーション」と「コミュニケーション」の専門教育機関。プレゼンテーションの話の組み立て方や話し方&聴き方、スライド作成技術、コミュニケーションなどをテーマに、各地でプレゼンスキルアップ講座(協会主催)や社内研修、講演会を実施している。
サイト http://jpea.jp
投稿を作成しました 351

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る