10秒でわかる!伝わるプレゼンのポイント

【今日のワンポイント】何を話し、何を”話さないか”を決めよう

30秒で読める、プレゼンをレベルアップさせるためのワンポイント・アドバイス。今日のキーワードは「捨てる」です。

プレゼンが記憶や印象に残らない人の特徴の一つといえば「詰め込み過ぎる人」。

限られた時間の中で、なんとか聞き手にわかってもらおうと、持っている知識や調べたことについて全て話そうとする人のことです。

 

しかし、短時間にあれもこれもと詰め込みすぎると、むしろ聞き手の記憶や印象に残りません。

そこで詰め込み過ぎる人にならないためには『何を話し、何を話さないか決める』ことです。

 

何を話し、何を話さないか決めるためには、プレゼンの目的である「聞き手を動かすため」に、「その話はプレゼンに必要か?」「今、その話は必要か?」と考えましょう。

【今日のワンポイント】

詰め込みすぎは、聞き手の記憶や印象に残らない

続きは無料メルマガで!さらに詳しい内容を毎週配信中!

毎週、プレゼン・トレーナーの西原が、プレゼンをレベルアップさせるためのコツやテクニックをご紹介。

無料なので、ぜひ購読してみてください!

メルマガ詳細

おすすめの講座

もっと!上手くなりたい人のプレゼンレベルアップ講座【入門編】
無料ビデオセミナーで学ぶ「プレゼンの基本中の基本」とは?
もっと!上手くなりたい人のプレゼンレベルアップ講座【初級】
内容の考え方から話し方、準備の方法まで。プレゼン初心者のための基礎講座
コミュニケーション講座
ビジネス必須のコミュニケーションについて学び直そう
プロ講師に学ぶ 伝わる話し方講座
プロ講師に学ぶ 伝わる話し方講座
西原猛

西原 猛

日本プレゼンテーション教育協会 代表理事 兼 チーフ・インストラクター

イベントの企画・制作や、上場企業の新製品発表会や決算説明会、株主総会等のPR・IR支援に携わる。この時、プレゼンテーションの成否が「仕事や人生の結果」を左右する事を痛感し協会を設立。企業や学校、教育機関などで活躍している。京都府出身。

日本プレゼンテーション教育協会は、商談・コンペ・商品説明会・面接など、様々なビジネスシーンにおいて、もはや必要不可欠な「プレゼンテーション」と「コミュニケーション」の専門教育機関。プレゼンテーションの話の組み立て方や話し方&聴き方、スライド作成技術、コミュニケーションなどをテーマに、各地でプレゼンスキルアップ講座(協会主催)や社内研修、講演会を実施している。
サイト http://jpea.jp
投稿を作成しました 426

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る