プレゼンテーション技能検定』とは

就職やビジネスにおいて必要不可欠な「プレゼンテーション」に関する幅広い知識や技術、実施能力、教育・指導能力を客観的に証明するものです。この資格を有することで実務レベルのプレゼンテーション能力を身につけていることを社会的に証明できます。

※「プレゼンテーション技能検定」は、一般社団法人日本プレゼンテーション教育協会が実施する資格認定試験です。


プレゼンテーション技能検定3級 試験日程

2018年第2回 試験日:2018年10月21日(日) 10:00〜11:00【受付終了
受付期間:2018年9月3日(月)〜9月30日(日)

試験方式:在宅受験
受験料:5,900円/公式テキスト付き8,060円
※価格には税・送料・事務手数料含む


■資格取得 5つのメリット

1.プレゼンの基礎から学べる

学校や会社では教えてくれなかった、社会人として会社で働く上で必要なプレゼンに関する知識・技術を基礎から体系立てて学べます。また改めて学ぶことで、見よう見まね、自己流、なんとなくやってきたプレゼンに関する知識や技術、経験の棚卸にも最適です。

2.仕事・授業にすぐに役立つ

商談や面接、ゼミでの発表、プレゼン大会など、私たちは日々様々なプレゼンを実施しています。検定を通じて学んだことは、すぐに仕事や授業で実践できるので、仕事や授業にすぐに役立ちます。なによりも自分自身のスキルアップを実感できます。

3.就職・転職に有利

プレゼン能力は様々な業種、業界で必要とされています。そこで、多くの企業が応募者に求める「プレゼン能力」の客観的な証明として履歴書に書けます。さらに、面接自体が自分自身のプレゼンなので、就職・転職で有利になります。

4.部下指導、社員教育に役立つ

会社にとって全社員のプレゼン能力の底上げが重要です。そこで、プレゼンを部下や後輩に教える立場になった時、体系立てて学べる検定は役に立ちます。さらに1級を取得すれば、実務能力に加え、部下・後輩の教育・指導能力を有することも証明され、昇進・昇格に有利になります。

5.仕事の幅が広がる

1級取得者は、日本プレゼンテーション教育協会認定講師として活躍できます(※)。講演会や社内外研修、セミナーなどの講師として、仕事の幅が広がります。また将来、独立・起業する際の選択肢の一つとして役に立ちます。

※養成講座修了等の要件を満たした方に限る

■資格を取得するには?


1.JPEA認定講座を受講する(3級・準2級・2級)

各級対応の講座を受講し、検定試験に合格すると1日で資格を取得できます。

【プレゼンテーション技能検定 3級】を取得するには

結果を出す人のプレゼン技術講座【初級】

講座受講料21,000円(税別)
検定3級公式テキスト代、検定料、認定料含む

 

【プレゼンテーション技能検定 準2級】を取得するには

結果を出す人のプレゼン技術講座【中級】

講座受講料26,000円(税別)
テキスト代、検定料、認定料含む

 

【プレゼンテーション技能検定 2級】を取得するには

結果を出す人のプレゼン技術講座【上級】

講座受講料32,000円(税別)
テキスト代、検定料、認定料含む


2.受験する(3級)

プレゼンテーション技能検定3級 試験日程

2018年第2回 試験日:2018年10月21日(日) 10:00〜11:00【受付終了
受付期間:2018年9月3日(月)〜9月30日(日)

試験方式:在宅受験
受験料:5,900円、公式テキスト付き8,060円
※価格には税・送料・事務手数料含む


■『在宅受験(3級のみ)』の流れ

3級のみ自宅にいながら受験できる「在宅受験方式」を採用しています。(準2級以上は会場受験)

1.受験申し込み

試験日ごとに受付期間が設定されています。期間内にお申込みください。

2.受験料のお支払い

「クレジットカード」または「銀行振込」にてお支払いください。
※銀行振込の場合:事務局より振込先のご案内と受験番号をメールを受け取ったのち、3営業日以内(土日祝日を除く)にお振り込みください。

3.テキスト・受験票・試験問題を受け取る

公式テキスト(お申込の方のみ)は入金確認後、2〜3営業日以内にお送りします。
受験票、試験問題は試験日の2〜3営業日前までに郵送にてお送りします。

4.受験・解答提出

指定された試験日時に受験し、受験票/解答用紙を返送してください。

5.結果通知

受験日から約1ヶ月程度でお申し込み時に記載住所へ郵送します。



■各級のレベル

  • 1級……2級、準2級、3級の内容に加え、他人へのプレゼン教育・指導能力を有している
  • 2級……3級、準2級の内容に加え、極めて高度なプレゼンテーション技能を有し、企画提案や商談、製品説明会などの様々なビジネスプレゼンを実施できる能力を有している
  • 準2級……3級の内容に加え、より高度な知識を有している
  • 3級……プレゼンテーションに関する基礎知識を有している

■受検対象および受験資格

社会人の方

  • あらゆる階層:新入社員、若手からマネジャー、経営者・経営幹部まで
  • あらゆる職種:管理職、営業、技術職、総合職、デザイナー、企画、設計など
  • あらゆる業種:メーカー、IT関連、商社、小売業、飲食、医療、教育、サービス業など

学生の方

  • 就職活動や研究発表、学内外プレゼン大会に向けてなど自己表現能力の確認・証明したい学生

各級の受験資格

  • 1級……2級合格および実務経験3年以上の社会人
  • 2級……準2級合格および実務経験1年以上の社会人
  • 準2級……制限なし
  • 3級……制限なし

■検定問題作成について

一般社団法人日本プレゼンテーション教育協会と外部有識者で構成される検定問題作成委員会が作成
※外部有識者:大学教授、外資系企業の社長経験者、経営コンサルタントなど