Q.なぜ「何を言いたいのかわからない」と言われてしまうのか?

A.「聞き手の立場」で内容を考えていないから。


聞き手は一体、何がわからないのか?

プレゼンの悩みで多いのが、一生懸命プレゼンしたのに、終わったら「何を言いたいのかさっぱりわからん」と言われることです。私も若かりし頃、渾身の企画をプレゼンしたら上司にこう言われ、血気盛んだったので「なんでわからないのか!」と腹を立てた記憶があります。今ではすっかり反省し、伝わらない原因は我にあり、という教訓を得ました。

さて、聞き手は一体「何がわからないのか」考えてみましょう。

1.言葉の意味がわからない

プレゼンター「本日のアジェンダはバジェットのオーソライズの件です」
聞き手「何を言っているのかサッパリわからん……わかる言葉で話せ!」

ちなみに……

  • アジェンダ [ agenda ] 議題
  • バジェット [ budget ] 予算。予算案。
  • オーソライズ [ authorize ] 正当と認めること

2.説明や分析が足りない

プレゼンター「新商品が競合製品より売れていないのは、競合がTVCMを打ちまくっているからです。」
聞き手「本当にそれが原因か? 根拠となるデータは?」
プレゼンター「えっと……知り合い数人に聞きまして……」
聞き手「数人では全く説得力に欠けるわ!」

3.話が飛躍している

プレゼンター「途上国の子供達の多くが5歳以下で命を落としています。だから大豆が必要です」
聞き手「え、どういうこと? 病気が大豆で治るの?」

聞き手の立場に立って考えよう

いずれも聞き手の立場に立って考えていないから、伝わらないのです。まず聞き手がプレゼンの内容について、どのくらい知識を持っているのかよく考えましょう。プレゼンの基本は「聞き手に合わせて内容を考える」です。

また準備段階で、上司や同僚に客観的なアドバイスをもらえば、話の矛盾に気づかないという事態も避けられます。しっかり準備して、わからないと言われないようにしましょう。

オンラインでも学べる スキルアップ講座シリーズ

ネガティブ思考をポジティブに活かす ストレスマネジメント入門
ネガティブ思考をポジティブに活かす ストレスマネジメント入門
もっと!上手くなりたい人のプレゼンレベルアップ講座【入門編】
無料で学べる
オンライン講座
もっと!上手くなりたい人のプレゼンレベルアップ講座【初級】
伝わるプレゼンのために
まずは「基本」を身につけよう
もっと!上手くなりたい人のプレゼンレベルアップ講座【中級】
最近、上手くいかないなら
一度、立ち止まって見直そう
もっと!上手くなりたい人のプレゼンレベルアップ講座【上級】
実践形式でプレゼンスキルに磨きをかけて、もっと上達する
日本プレゼンテーション教育協会は、商談・コンペ・商品説明会・面接など、様々なビジネスシーンにおいて、もはや必要不可欠な「プレゼンテーション」と「コミュニケーション」の専門教育機関。プレゼンテーションの話の組み立て方や話し方&聴き方、スライド作成技術、コミュニケーションなどをテーマに、各地でプレゼンスキルアップ講座(協会主催)や社内研修、講演会を実施している。
サイト http://jpea.jp
投稿を作成しました 381

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る