プレゼン 伝え方の極意

【伝え方の極意】わかりやすい「縦棒グラフ」を作るには

棒グラフはこんな時に使います

・複数の項目を比較する時に使う
・特に数値の増減を比較したい時に効果を発揮する

わかりやすい縦棒グラフ作成のコツ

1.比較したい項目を絞り込む
2.縦軸の最小値は「0」

縦棒グラフ 1

何も加工しないと、このようにごちゃっとした棒グラフになってしまいます。このままでは非常にわかりにくいので、まずは「項目数」が多いのをなんとかしましょう。

縦棒グラフ 2

【改善アドバイス】項目を絞り込もう

今回は比較したい「製品A」と「製品B」だけに絞り込みました。しかし、このグラフではいまいち差がわかりにくい……。そこで……

縦棒グラフ 3

グラフ3のように「縦軸の最小値を3,500からにしてやれば差を大きく見せられる……ぐっふっふっ……」と考えてしまいますが……

縦軸の最小値は「0」が基本!

縦軸の数字が「0」から始まっていないため、僅かな差でも大きく見えてしまいます。数値の印象操作をしていると疑われ、信用を失いかねません。気をつけましょう。

また、3Dグラフも基本的に使いません。なぜなら3Dグラフの遠近感で奥は小さく、手前は大きく見せることができるからです。

縦棒グラフ 6

ちなみに事実誤認を誘うようなグラフは「嘘グラフ」「詐欺グラフ」などと呼ばれています。プレゼン相手が縦軸の最小値を変更していたり、3Dグラフを使っている時は、見た目に騙されないようにしましょう。


もっと!上手くなりたい人のプレゼンレベルアップ講座【初級】

プレゼンレベルアップ講座【初級】
何事も基本が大切。プレゼンの目的から練習方法まで学べます
さらに「プレゼン技能検定3級」合格で資格も取れます!

おすすめの講座

質疑応答力レベルアップセミナー
論理的思考・心理学のプロが教える「質疑応答」の極意とは?
もっと!上手くなりたい人のプレゼンレベルアップ講座【入門編】
無料ビデオセミナーで学ぶ「プレゼンの基本中の基本」とは?
もっと!上手くなりたい人のプレゼンレベルアップ講座【初級】
内容の考え方から話し方、準備の方法まで。プレゼン初心者のための基礎講座
もっと!上手くなりたい人のプレゼンレベルアップ講座【中級】
場数を踏んで慣れてきたはずなのに、伝わらない、上手くいかないのは「プレゼン慣れ」にあるかも
ぐるっと!プレゼン

プレゼンの基本から学ぶならこの一冊!

「ぐるっと!プレゼン」(西原猛著/すばる舎刊)1,400円+税

お買い求めはこちらへ【すばる舎】【Amazon

「きちんとプレゼンの基礎を身につけたい人」向けに、プレゼンの目的設定から、話の組み立て方、スライドデザイン、話し方、さらに「笑いを取りにいってスベった」などのトラブル対処方法まで、ぐるっと一通りプレゼンについて学べる1冊。

【目次】
第1章 プレゼンは最初が肝心。『はじめの3分』で求められること
第2章 まずは知っておきたい! そもそも、「プレゼン」とは?
第3章 口ベタでもOK! 相手の心をつかむ「話し方」のひと工夫
第4章 好感を持たれる! 自然に引き込む! カンタン「演出」
第5章 5通りの「組み立て方」で驚くほどわかりやすくなる!
第6章 やっぱり大事! 「スライド」「配布資料」の作り方
第7章 成功のキモとなる「準備」と「練習」
第8章 あわや大惨事!? トラブルを大きくしない対処法

日本プレゼンテーション教育協会は、商談・コンペ・商品説明会・面接など、様々なビジネスシーンにおいて、もはや必要不可欠な「プレゼンテーション」と「コミュニケーション」の専門教育機関。プレゼンテーションの話の組み立て方や話し方&聴き方、スライド作成技術、コミュニケーションなどをテーマに、各地でプレゼンスキルアップ講座(協会主催)や社内研修、講演会を実施している。
サイト http://jpea.jp
投稿を作成しました 458

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る