プレゼン 伝え方の極意

【伝え方の極意】相槌が多いからと言って、伝わっているとは限らない

30秒で読める、プレゼンをレベルアップさせるためのワンポイント・アドバイス。今日のキーワードは「単なる相槌です。

【なるほど】その通りだというように相手に同意したり、自ら納得したりする気持ちを表す。ほんとうに。たしかに。(大辞泉)

プレゼン中、相手が「なるほど」とか「確かに」「ふんふん」など、こちらの話に対して相槌を打ちながら聞いているので、理解できているのだろう、納得しているのだろう……と気を良くしていたらプレゼン終了後……

「結局よく分からなかった」
「今は必要ないな」

……と言われてしまった。散々「なるほど」って頷いていたじゃないかっ!と文句を言いたくなる相手が時々います。

しかし、この「なるほど」という言葉は意外と曲者です。

残念ながら大抵の場合、相手の「なるほど」は、本当にこちらの言うことを理解できたから言っているのではありません。単なる「あいづち」です。あくまで話をちゃんと聞いていますよ、というものであって、理解できた・納得できた・同意できたとは別の話です。

他にも「うんうん」と頷く回数が多かったり、こちらの言うことを一生懸命メモをとっていたり、笑顔で聞いている、といった相手の好意的な反応も鵜呑みにすると危険です。気をつけましょう。

【今日のワンポイント】

相槌が多いから伝わっている、と思うのは危険

おすすめの講座

質疑応答力レベルアップセミナー
論理的思考・心理学のプロが教える「質疑応答」の極意とは?
もっと!上手くなりたい人のプレゼンレベルアップ講座【入門編】
無料ビデオセミナーで学ぶ「プレゼンの基本中の基本」とは?
もっと!上手くなりたい人のプレゼンレベルアップ講座【初級】
内容の考え方から話し方、準備の方法まで。プレゼン初心者のための基礎講座
もっと!上手くなりたい人のプレゼンレベルアップ講座【中級】
場数を踏んで慣れてきたはずなのに、伝わらない、上手くいかないのは「プレゼン慣れ」にあるかも
日本プレゼンテーション教育協会は、商談・コンペ・商品説明会・面接など、様々なビジネスシーンにおいて、もはや必要不可欠な「プレゼンテーション」と「コミュニケーション」の専門教育機関。プレゼンテーションの話の組み立て方や話し方&聴き方、スライド作成技術、コミュニケーションなどをテーマに、各地でプレゼンスキルアップ講座(協会主催)や社内研修、講演会を実施している。
サイト http://jpea.jp
投稿を作成しました 458

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る