【プレゼンの極意】オンラインは相手の「反応」がわかりにくい

30秒で読める、プレゼンをレベルアップさせるためのワンポイント・アドバイス。今日のキーワードは「双方向」です。

オンラインは相手の「反応情報」が激減する

オンラインコミュニケーションでは、相手の「反応情報」が激減します。

まず「表情」。オンラインの場合は相手の顔がディスプレイに映し出されるわけですが、一対一なら相手の顔も大きく映し出されるのでまだ良いのですが、人数が増えるとその分、一人当たりの顔も小さくなるわけで、表彰の変化がわかりにくくなります。

大変困るのが、相手がカメラをオフにしている時です。そもそもカメラがついていないとか、部屋やオフィスを見せたくないなどの理由がありますが、その場合「表情」「視線」「姿勢」「手や身体の動き」「頷き」が見えなくなります。そうなったら相手の「声」の微妙な変化を聞き取るしかありません。

ところが、そのマイクまでオフにされたら、もう完全にお手上げです。相手の反応が分からない状態で話すのって、本当に心が折れそうになります。私も講演会などで時々、カメラもマイクもオフの相手に話すことがありますが……めちゃくちゃ話しづらいです(泣)

あらゆる手段で相手の反応を探ろう!

……とはいえ、相手にカメラとマイクをオンにしろ!とはいえませんので、別の方法で相手の反応を探るしかありません。

そこで、相手の反応を探るためには、こちらから相手に反応を促すことが必要です。例えば「まだオンラインでプレゼンをしたことがないという方は、リアクションボタンを押してください」というようにします。

・「手を上げる」「いいね」などのリアクションボタン
・チャットで双方向コミュニケーション
・投票機能でアンケートを取る

このように、できる限り双方向でプレゼンするよう心がけましょう。

双方向でプレゼンするよう心がけましょう

今度のプレゼンに役立つ無料メルマガを毎週配信中!

毎週、プレゼン・トレーナーの西原が、プレゼンをレベルアップさせるためのコツやテクニックをご紹介。

無料なので、ぜひ購読してみてください!

【無料】プレゼンスキルアップマガジン「めっちゃ伝わる!プレゼン」


おすすめの講座

論理的思考・心理学のプロが教える「質疑応答」の極意とは?
もっと!上手くなりたい人のプレゼンレベルアップ講座【入門編】
無料ビデオセミナーで学ぶ「プレゼンの基本中の基本」とは?
もっと!上手くなりたい人のプレゼンレベルアップ講座【初級】
内容の考え方から話し方、準備の方法まで。プレゼン初心者のための基礎講座
もっと!上手くなりたい人のプレゼンレベルアップ講座【中級】
場数を踏んで慣れてきたはずなのに、伝わらない、上手くいかないのは「プレゼン慣れ」にあるかも

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る