【プレゼンの極意】馬を水辺に連れて行くことはできても、水を飲ませることはできない

30秒で読める、プレゼンをレベルアップさせるためのワンポイント・アドバイス。今日のキーワードは「切り替えよう」です。

自信を持って望んだはずなのに……

万全の準備を整え、自信を持って望んだはずのプレゼンが、良い結果に繋がらなったら落ち込みます。

何を隠そう、プロ講師の私でさえそうです。講師というと自信の塊だと思われがちですが、そんなことはありません。意外と繊細なんですよ(本当か?)

--ただし、自信を持っている人と、そうでない人の違いはここから。

まず自信を持てない人は落ち込んだまま、なかなか戻ってきません。

「はぁ……またダメだった。どうしていつもプレゼンで失敗するんだろう……」

「いつもより緊張していたからダメだったに違いない。数字を何度も読み間違えたし、途中で話すことを忘れたし、ネクタイは曲がってたし……ああ、なんでこんなにプレゼンが下手なんだろう……」

このように、ネガティブな感情に支配されたままのことが多いです。

一方で、プレゼンに自信を持っている人も一瞬落ち込みますが、すぐに気持ちを切り替えます。

「次に備えて、企画が通らなかった原因を振り返ってみよう」
「次は絶対に獲るぞ!」

このように、企画が通らなかったり、他社に決まったとしても、悔しい結果をバネにして、次に向かうことができます。

馬を水辺に連れて行くことはできても、水を飲ませることはできない

ビジネスではあなたの「プレゼンだけ」で全てが判断されるわけではありません。他社との比較や、予算、あるいは人間関係も大きく関わってきます。プレゼンはあくまで判断材料のひとつ。全てがそれで決まるわけではありません。

そこで、ぜひ覚えておいて欲しいのが「馬を水辺に連れて行くことはできても、水を飲ませることはできない」ということわざです。水を飲むかどうかを決めるのは馬である。つまり、他人に対して働きかけることはできるが、それを実行するかどうかは相手が決めること、という意味です。

残念ながら、他人をコントロールすることはできません。なので、コントロールできないものに執着するよりも、コントロールできるもの、つまり自分のプレゼンをとにかく一生懸命することです。

そうすれば、いちいち落ち込まなくてすみますし、そのうち結果がついてきて、ますます自信が持てるようになりますよ!

プレゼンだけで全てが決まるわけではない

今度のプレゼンに役立つ無料メルマガを毎週配信中!

毎週、プレゼン・トレーナーの西原が、プレゼンをレベルアップさせるためのコツやテクニックをご紹介。

無料なので、ぜひ購読してみてください!

【無料】プレゼンスキルアップマガジン「めっちゃ伝わる!プレゼン」


おすすめの講座

論理的思考・心理学のプロが教える「質疑応答」の極意とは?
もっと!上手くなりたい人のプレゼンレベルアップ講座【入門編】
無料ビデオセミナーで学ぶ「プレゼンの基本中の基本」とは?
もっと!上手くなりたい人のプレゼンレベルアップ講座【初級】
内容の考え方から話し方、準備の方法まで。プレゼン初心者のための基礎講座
もっと!上手くなりたい人のプレゼンレベルアップ講座【中級】
場数を踏んで慣れてきたはずなのに、伝わらない、上手くいかないのは「プレゼン慣れ」にあるかも

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る